バターコーヒー

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーを使ってみた!MCTオイル配合 粉末。体験談や味、料金、成分、効果について解説

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーの料金と栄養成分、原材料について

・製品名:Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー
・成分:
【原材料】
コーヒー(国内製造)、MCT(中鎖脂肪酸油)、バター加工品、デキストリン/加工でんぷん、香料、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
【栄養成分】
エネルギー:6.05kcal、たんぱく質:0.29g、脂質:0.14g、炭水化物:0.92g、食塩相当量:0.001g(糖質は検査していないそうで不明)

私が今回使用したのは、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」です。

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で話題となった完全無欠コーヒーもといバターコーヒーは、朝食の代わりに飲むことでダイエット効果が得られる、頭がハッキリして仕事の効率が上がると評判で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ですがこのバターコーヒー、グラスフェッドバターとMCTオイルが必要で作るのに少し手間がかかります。ただでさえ忙しい朝の時間、お湯や水に溶かすだけで完全無欠コーヒーが飲めたらいいのに…。

そんな切実な願いを叶えてくれるのが「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」です。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」には、コーヒー(国内製造)、MCT(中鎖脂肪酸油)、バター加工品、デキストリン/加工でんぷん、香料、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)といった原材料が使われています。

この内のMCT(中鎖脂肪酸油)に、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えやすくする性質があり、ダイエット効果が期待できます。

炭水化物量が極めて低く、そこに含まれる糖質も微小であることが予想されるので、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」使用後は血糖値の上がり下がりも少なく頭が冴えた状態を維持できるとされていて、同時に空腹感も感じにくいそうです。

また、MCTオイルやバター成分の濃厚さで満腹感を感じることができるので、間食を防ぐことができて食事制限もストレスなく行うことができます。

以上のことから、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」は糖質制限をはじめとするダイエット中の方や、仕事の効率をアップさせたいという方に特におすすめです。
お値段はAmazon価格2,380円(税・送料込)で30包入りです。

インスタントコーヒーでありながら本格的な味わいで、まろやかさはありながら飽きずに飲みやすい味に仕上がっています。

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーを選んだ理由


私は現在ダイエット中でして、トレーニングと簡単な食事制限を行っております。

朝食は栄養食やプロテインなど置き換え食を使用していますが、食欲旺盛なのでこれだけでは昼食まで空腹に耐えられないことがままあります。

そこで間食をしてしまっては意味がないので、なんとか空腹感を抑える良い方法はないものかと調べたところ、満腹感が持続し、脂肪燃焼を促進させる効果もあり、さらに頭をハッキリとさせて仕事の効率UPまで期待できるというコーヒー、その名もバターコーヒーの存在を知りました。

コーヒーを飲むだけでそれだけの効果が得られるなんて美味しい話、試さない手はありません。

早速作り方を調べてみると、まずMCTオイルとグラスフェッドバターが必要で、それらをしっかり攪拌するためにハンドミキサーも用意しなければならないとのこと。

味が口に合うのか、めんどくさがりの私が毎日それを継続できるのか、自信がない中それだけのものを集めるのはリスクが大きかったので、まずは手軽に試せる粉末インスタントのバターコーヒーを試すことにしました。
バターコーヒー、インスタントとGoogleで検索してみると、ミウラタクヤ商店の「チャコールバターコーヒー」が広告のトップに表示されました。

「チャコールバターコーヒー」はマカ、有機ジンジャー、イヌリン、アカシア食物繊維といったダイエッターに嬉しい成分が加わった粉末インスタントバターコーヒーで、Amazonなどの通販サイトでクチコミを見ると評判も良いので、まずは「チャコールバターコーヒー」を購入しました。

使用してみるとコーヒーにバターの風味が加わってまろやかでとても美味しく、すっかり「チャコールバターコーヒー」のファンになったのですが、後からよくよく調べてみると、MCTオイル配合と書かれているのに原材料にMCTオイル(中鎖脂肪酸油)の表記がないことに気が付きました。

MCTオイル不使用でバターコーヒーと言えるのか?と疑念を持った私は、他の粉末インスタントバターコーヒーも試してみることにしました。

ちなみに、ペースト状になったMCTオイルとバターをコーヒーに加えてバターコーヒーを作るタイプの製品もありますが、コーヒーを点てるのが面倒なので、あくまで粉末タイプにこだわっています。

今回「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」を選んだ理由は、Mother’s Marketというブランドがペースト上のバターコーヒーの素も販売されていて、そういったブランドが作っている粉末インスタントバターコーヒーであれば、より本格的なバターコーヒーに近いものが味わえるのではないかと思ったためです。

ペースト状バターコーヒーの素と粉末インスタントバターコーヒーを販売しているブランドといえばエブリディ・バターコーヒーもありますが、こちらは1食分ずつ個別包装になっていません。

湿気て品質が劣化したり、手が汚れるのを嫌う私は断然個別包装派なので、スティック状で携帯も便利な「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」に軍配があがりました。

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒー購入時~製品到着までの心境


Mother’s Marketには公式サイトが見当たらず、製品情報もamazonの商品ページから得ました。販売元は株式会社アイケイという会社で、美容や健康をテーマとした商品の企画、製造、物流を行う会社だそうです。

株式会社アイケイの公式サイトは企業情報が主で、同社の化粧品部門化粧品LBやローカロリー食品部門のローカロ生活、デリケートゾーン専用ジェル「インティマ」やシニア向けフィットネスブランドのロコックスの公式サイトは紹介されていますが、なぜかMother’s Marketだけは個別のサイトが用意されていないようで、せっかく魅力的な製品なのにもったいないなぁと感じました。

ですがAmazonで見た「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」の情報が簡潔でわかりやすく、掲載画像で商品の概要は理解でき、バターコーヒーによって期待できる効果や、MCTオイルの効能も解説されてい他ので、商品のイメージは大体伝わってきました。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」の値段はAmazon価格2,380円(税込)で30包入りですので、1食は79円です。

先述した「チャコールバターコーヒー」は公式価格2,138円で30包入りで1食71円なので、粉末インスタントバターコーヒーの相場はこれくらいなのだと納得しました。

「ネスカフェゴールドブレンド」のような一般的なインスタントコーヒーはamazon価格761円(税込)で60杯分使用でき1杯12.6円なので、比較すると「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」は当然高く感じますが、ダイエット効果が重要なので仕方がありませんね。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」はMCTオイルパウダーを使用しているとのなので、本物のバターコーヒーにより近い効果が得られるのではないかと期待しました。

一点気になったのは、Amazonの販売ページにお腹を下したという内容のクチコミがあり、役に立ったとされている方が意外に多かったことです。

個人差や体調に左右される面もあると思うので気にしないことにしましたが、公式の製品情報ページが存在しないので少し不安になりましたね。

そんなこんなで公式ショップもなくどこで購入すべきか迷いましたが、amazon出品分の販売者はMother's Marketとなっていたのでamazonで購入をしました。

到着して実物を見ると、デザインもシンプルで簡素な紙製のパッケージなので特別にテンションが上がることはなく、こんなものかと淡々とした気持ちになりました。

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーを飲んでみた。味は美味しい?作り方は混ぜるだけで簡単


朝食置き換え食を使用後、昼食までのつなぎとして「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」を使用しました。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」は1食ずつスティック状に個別包装されています。この包装はハサミを使わなくても簡単に手で切る事ができます。

開封してみると、コーヒーの香りの中にふんわりとバターの香りが混じって良い香りでした。

1食につき150mlの水分を推奨されていて、お湯でも水でも溶けるので、お好みで牛乳などで溶かして飲むのもおすすめとのことです。

私の場合、朝食置き換え食を砂糖不使用のアーモンドミルクで割って使用しているので、その後に飲むバターコーヒーはホットのブラックで飲みたいところ。よって、シンプルに150mlのお湯で使用することにしました。

作り方は一般的なインスタントコーヒー同様、コーヒーカップに「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」1食分を入れ、お湯を注ぐだけです。

特にかき混ぜる必要はなくすぐに溶けて、カップの底に溶け残りが沈殿するようなこともありません。味は150mlのお湯で飲んだ場合で濃すぎず薄すぎず、一般的なブレンドコーヒーの濃度に仕上がりました。

バターの風味が感じられ、まろやかでシンプルなブラックコーヒーに比べるとお腹に溜まる感じがあり飲み応えがあります。もちろん余計なフレーバーや甘味料は含まれていませんので、コーヒーそのものの味も楽しめます。

似た製品として「チャコールバターコーヒー」と味を比較すると、バターの風味は「チャコールバターコーヒー」の方が強く感じられ、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」の方があっさりしているように感じました。

粉末インスタントバターコーヒーは他に「チャコールバターコーヒー」しか試した事がなく、本物のバターコーヒーも試せていないので比較範囲が狭くなってしまうのですが、個人的にはバターの風味が濃厚な方が満足感が得られるので、その点では「チャコールバターコーヒー」の方が好みかもしれません。

とはいえその差すら微妙なもので、粉末インスタントバターコーヒーでは製品を変えても圧倒的な違いが感じられることがなく、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」に独自性を感じられなかったので拍子抜けしてしました。

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーの効果


元々粉末インスタントバターコーヒーの「チャコールバターコーヒー」を愛用していたので、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」とどちらを使用するか、その日の気分で決めるくらいで生活習慣に変化はありません。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」を飲んだ後は満腹感が持続するので、昼食までの間食が抑えられてカロリー過多にならず助かっています。

朝食置き換え食とバターコーヒーを習慣にしてから糖質も制限できて血糖値の上がり下がりによる眠気なども抑えられて、午前中の仕事の集中力が増したように感じます。

ただ残念なことに、「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」自体に独自性は感じられず、期待していたMCTオイル配合の効果も実感できておりません。

再三引き合いに出していますが、「チャコールバターコーヒー」はMCTオイルは使用していないものの独自のバターパウダー使用でバターコーヒーの風味を楽しむことができ、マカ、有機ジンジャー、イヌリン、アカシア食物繊維といったダイエットをサポートする成分が含まれていて1食71円です。

対する「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」は1食79円となっています。

バターコーヒーを使用する目的はやはりダイエットなので、この条件であれば内容やコストの面で「チャコールバターコーヒー」の方が魅力的に感じられ、あえて「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」を使用する理由が見つけられません。

よって、私の場合は「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」を敢えて選択して継続することはないと思います。

Mother's Market(マザーズマーケット) バターコーヒーは購入する価値がある?

現在3日間朝食置き換え食後に使用しました。1箱購入で総額の費用は2,380円です。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」はバターの風味が美味しくて1杯でも十分に満足感があり、腹持ちもよいので昼食までの間食が抑えられて助かっています。

直接的な体重の減少などの効果は分かりかねますが、糖質が制限できるおかげで血糖値の上がり下がりによる眠気なども抑えられて仕事のパフォーマンスが向上したと感じているので、バターコーヒーの習慣を定着させる事ができてよかったです。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」自体は味も美味しく、粉末インスタントバターコーヒーでありながらMCTオイルを配合するなどこだわりが感じられ良い製品だと思うのですが、ダイエットを目的としてみた場合、同価格帯の粉末インスタントバターコーヒーと比較して特筆して優れた点が見当たらず、コストも多少割高となってしまい決め手に欠ける点が残念です。

「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」は、ダイエットや健康管理、仕事の効率アップに効果があると評判のバターコーヒーが気になるけど本格的なものはなかなか試す機会がないという方や、
とにかく忙しいので時短して気軽にバターコーヒーを飲みたいという方におすすめです。

私自身本物のバターコーヒーは試した事がないのですが、ご存知の方からすると「Mother's Market MCTオイル配合 粉末バターコーヒー」はやはり本物のバターコーヒーとは似て非なるものとのご意見もありますので、より本格的なバターコーヒーの効果を感じたい方は、コーヒーに混ぜるタイプのものから試されても良いかもしれませんね。

-バターコーヒー

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5