プロテイン 完全栄養食

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)を使ってみた!体験談や味、料金、成分、効果について解説

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)の料金と栄養成分、原材料について

・製品名:ミウラタクヤ商店 EAT HACK(イートハック)
・成分:
【原材料】※公式サイト(https://miuratakuya.store/products/eat-hack#:~:text=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA%E3%81%AF%E3%80%8C%E9%A3%9F,%EF%BC%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E5%90%8D%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82)の内容と、パッケージ裏に記載されている内容が異なります。記事中ではパッケージ裏の情報を記載します。↓は公式サイトのものです。
脱脂大豆、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビオチン含有酵母、貝カルシウム、酸化マグネシウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、亜鉛含有酵母、アガベイヌリン、糊料(サイリウムハスク)、香料1、香料2、エリスリトール、甘味料(ステビア)、ココアパウダー、コーヒー豆、微硫酸化ケイ素
【栄養素】1食あたり20g(推定値)
エネルギー 62.80kcal、たんぱく質 11.38g、炭水化物 5.84g、糖質 1.68g、食物繊維4.16g、脂質 0.14g、食塩相当量 0.40g、ビタミンA 252.00mcg、ビタミンB1 1.13mg、ビタミンB2 1.00mg、ビタミンB6 1.15mg、ビタミンB12 0.80mcg、ビタミンC 80.00mg、ビタミンD 2.00mcg、ビタミンE 2.10mg、葉酸 80.00mcg、ナイアシン 4.00mg、パントテン酸 1.47mg、ビオチン 17.10mcg、カルシウム 219.57mg、マグネシウム 5.01mg、鉄 3.00mg、亜鉛 2.60mg

今回私が使用したのは、ミウラタクヤ商店の「EAT HACK(イートハック)」です。低カロリー・低糖質・低脂質で、さらにビタミン、ミネラル、食物繊維など日々の健康維持に不可欠な栄養素が配合されており、ダイエットサポートに最適な栄養食です。

カロリー制限・糖質オフダイエット中の方や、外食やコンビニ食が多く栄養バランスの偏りが気になる方の栄養補助におすすめです。

料金は150g入り1袋が公式サイトで1,980円(税込)で販売されており、合計金額10,800円未満の注文の場合送料が別途520円かかります。公式が出店しているamaozn価格は2,278円(税・送料込)で、私はamazonプライムセールで購入の為2,078円でした。

1食20gの想定で7.5食分ですので、公式の価格で計算すると1食あたり264円となります。

甘いものが苦手な方でも美味しくお召し上がりいただけるコーヒー味です。

なぜミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)を選んだか


私はダイエットを目的として週に4回程度筋トレや有酸素運動に励んでおりまして、トレーニングの効率を上げるために運動後30分以内のプロテインは必要不可欠です。

そこまで厳密ではありませんがカロリー制限もしており、その範囲内の食事で1日に必要な栄養素を摂取するのは困難を極めるため、朝食置き換えで「バランサー」などの栄養食も使用しています。

このルーティンにも慣れてきましたが、プロテインや栄養食はゆっくり味わって飲むというよりも一気に流し込むという感覚で、少し気合いがいるんですよね。

もうちょっと気軽に、それこそオシャレなカフェのドリンクのように、読書でもしながら飲める栄養食やプロテインがあればいいのにと思っていました。

そこで目にしたのがミウラタクヤ商店の「EAT HACK」です。

ミウラタクヤ商店はダイエットに役立つサプリや製品を多く販売しているのですが、他にインスタントで作れる「チャコールバターコーヒー」があります。

「チャコールバターコーヒー」はダイエット効果もあり味も美味しく私の大のお気に入りです。

「EAT HACK」はその「チャコールバターコーヒー」と合うように開発したと紹介されているのを見て気になっていました。

「EAT HACK」は低カロリー・低糖質・低脂質、1食分で1日に必要な栄養素を摂取することができ、今話題の食物繊維イヌリンがダイエット中に不調になりがちな腸内環境をサポートしてくれる粉末栄養食です。

普段私が使用している栄養食「バランサー」と比較すると、「EATHACK」はカロリーやたんぱく質、糖質、脂質こそさほど差がありませんが、ミネラルやビタミンの含有量は正直なところ見劣りします。

ですが「バランサー」は粉っぽさや植物性たんぱく質特有の大豆臭がして、飲み物として飲みやすいとは言えません。

今回はドリンクとして毎日手軽に美味しく飲める栄養食がテーマです。

「EAT HACK」のクチコミやSNSの投稿を見ると、トレーニング後のプロテインとしてよりも、カフェドリンク風にアレンジしたり置き換え食のように使用している方が多い印象で、まさに私が求めていた製品だと思い、早速使用してみることにしました。

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)購入時~製品到着までの心境


ミウラタクヤ商店は以前にチャコールバターコーヒーでもお世話になっていますので、勝手に親しみを感じています。

公式サイトを店長自らが運営されていて、製造過程のこだわりや、LINEでユーザーからのダイエットに関するアドバイスを受け付けている様子など、製品への愛情が感じられて安心感があります。

「EAT HACK」の商品情報ページは、「EAT HACK」のパッケージデザイン通り、シンプルでわかりやすいですね。「EAT HACK」という商品名には食生活を最適化することという意味が込められているそうで、三浦さんが提唱するダイエットの本質、食生活の改善を一番体現している製品だと感じ、期待が高まりました。

お値段は150g1袋の公式価格が1,980円(税込)、公式サイトの注文だと合計金額10,800円未満は送料が別途520円かかります。Amaoznの公式出店価格は2,278円(税・送料込)、私はamazonのプライムセールで購入しましたので、割引されて2,078円でした。

1食20gの想定で7.5食分。公式の送料を含まない価格で計算すると1食264円です。

栄養食「バランサー」が1食172.8円であることと比べると少々割高に感じますが、オシャレさと同ショップの「チャコールバターコーヒー」の美味しさに免じて、ミウラタクヤ商店のブランド力に負けて購入するのもやぶさかではありません。

Amazonのユーザーレビューに溶け残りが気になるとあったので飲み心地に少々不安はありました。

また、人工甘味料エリスリトールや、幼児の摂取が禁じられている微硫酸化ケイ素が含まれている点も少し気になります。ですがそれ以上に、カフェドリンクのようにアレンジを楽しめて、気楽に飲める栄養食である点に期待しておりました。

製品が到着して実物を見た時は、都会のいけてるカフェで買うコーヒー豆ってこういうパッケージだよねという感想を抱きました。

もちろん良い意味で、飲むのがより一層楽しみになりました。

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)を使ってみた。味は美味しい?


朝食置き換え食として、1度目は水180mlで、2度目は砂糖不使用アーモンドミルク180mlで公式でもおすすめの「チャコールバターコーヒー」混ぜで使用してみました。

「EAT HACK」を開封すると、粉末自体からはコーヒーやチョコの香りはほぼ感じられず、豆か穀物のような香りが感じられました。色はココアっぽく、粉末には荒めの粒が混じっていて、付属のスプーンは製品の中に埋もれていました。

公式サイトに記載のある規定量は1食20gなので付属スプーンで4杯程度ですが、パッケージ裏には4~5杯とあり、お好みでアバウトに調節するスタイルのようです。

私はまず味を確かめるため水180mlに規定量の20g(スプーン4杯)をシェイカーに投入し、1分間しっかりシェイクしました。するとどうでしょう、ビールのように泡立ってしまいました!シェイクしすぎたのでしょうか、あまりの泡の量に笑ってしまいました。

早速飲んでみると、甘さはほぼ皆無でチョコやコーヒーの味もほとんどわかりません。かなり希釈されたココアのような味と、ナッツのような風味が微かにする程度で、180mlの水に対して20gでは量が「EAT HACK」の量が少なすぎたのかもしれません。

おかげで粉っぽさは感じなかったものの、水っぽいココアと泡を食べているようでこれは失敗でした。

気を取り直して2回目は砂糖不使用のアーモンドミルク180mlで割ってみることにしました。「EAT HACK」を付属スプーン5杯に増量し、泡立ち過ぎないように30秒間だけシェイクしてみました。

結果、泡は水の時に比べて半分以下と少なく済みました。肝心のお味は…

「EAT HACK」を5杯に増量したのでコーヒーの味が少しわかるようになり、ほのかに感じる香ばしさが非常に飲みやすいです。

コーヒー特有の苦味などは感じられず主張も少ないので、コーヒーが苦手な方でも美味しくお召し上がりいただけるかと思います。

完全にプレーンなソイプロテインは流石に飲みにくいけど、わざとらしいフレーバーがついているのも嫌!という方に特におすすめしたいですね。

30秒シェイクでもダマは残りませんが、飲み終わる頃にシェイカーの底に溶け残りの粒が残ってしまうのは少し残念です…沈殿している分飲んでる最中は気にならないのは怪我の功名でしょうか。

もちろん念願の「チャコールバターコーヒー」混ぜも試してみました!「EAT HACK」を付属スプーン5杯に「チャコールバターコーヒー」を1袋投入、調子に乗ってシナモンも一振り加えます。

これは噂通り、めちゃくちゃ美味しいです!

「EAT HACK」だけだと控えめなコーヒー味ですが、「チャコールバターコーヒー」を加えることによりコーヒー感が増して、バターパウダーのまろやかさが加わり正真正銘オシャレカフェの飲み物に大変身します。
お気に入りのグラスに氷を入れて注げば栄養食と思えない仕上がりに。

水だけで「EAT HACK」を割ったものはあまり美味しいと思えませんでしたが、「EAT HACK」+アーモンドミルク割りはコーヒー少なめのコーヒー牛乳風で美味しいですし、公式推奨の飲み方「EAT HACK」+「チャコールバターコーヒー」混ぜをアーモンドミルクで割れば、私が求めていたカフェドリンクで栄養満点が実現でき、とても満足しています。

「EAT HACK」の控えめな甘さとアレンジ自在のフレーバーの妙…「チャコールバターコーヒー」の時から感じていましたが、ユーザーの痒いところに手が届く製品を開発する三浦店長のセンスに脱帽です。

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)は効果がある?


栄養食は楽しむというよりも必要だから飲むもの、と妥協しながら使用してきましたが、「EAT HACK」は朝のメールチェックをしながら、読書を楽しみながら、映画を観ながら…のように、自然と生活に溶け込んで、朝の時間を充実させながら栄養補給できる点がとても気に入っています。

現在は3日間1食ずつの使用ですので目に見える体型の変化はありませんが、「EAT HACK」に朝食置き換えをすると、満足感と満腹感が持続して昼食まで間食せずにいられるので、長い目で見てダイエットにプラスの効果があると思います。

「EAT HACK」単体でも栄養たっぷりですが、活性炭、有機マカ、有機ジンジャー、イヌリン、アカシア食物繊維といった成分が含まれていて、デトックス効果や代謝アップなど、ダイエッターに嬉しい効果が盛りだくさんの「チャコールバターコーヒー」を混ぜると美味しさもアップしてより一層楽しめます。

ダイエット効果も高まって、しかも美味しいだなんて最高に贅沢ですね。

前述もしましたが、置き換え食として使用できる栄養食という括りで敢えて「バランサー」と「EAT HACK」を比較しますと、「バランサー」はビタミンやミネラルなどの栄養成分は優れていますが、植物性タンパク質にありがちな大豆臭が気になり、飲み心地も粉っぽくダマができて飲みにくく、毎日続けるのは少々辛いものがありました。

それに対して「EAT HACK」は、アーモンドミルクで割ったり、「チャコールバターコーヒー」を加えたりすると、一般的なカフェオレなどと遜色のない美味しさになり、気負わずに日々の生活に取り入れる事ができます。

ダイエットや美容に効果的な栄養食は他にもたくさんありますが、「EAT HACK」の良さは、アレンジしやすく、カフェのドリンクを楽しむように美味しく栄養補給ができる点です。

「EAT HACK」単体1食のコストが264円、「チャコールバターコーヒー」1食71円と合わせると1杯345円となり少々コストは嵩みますが、外出先でカフェドリンクを購入することを思えば、自宅で美味しく栄養摂取できるのですからたまには自分のご褒美として良いのではないかと思います。

従来のプロテインや栄養食のように気負って飲むのではなく、日常生活に自然に溶け込むプロテイン兼栄養食という「EAT HACK」のコンセプトは、現状他に似た製品が見当たらず、唯一無二感があると感じています。
毎日使用せずとも常備して他の栄養食と使い分けて今後も継続していきたいですね。

ミウラタクヤ商店のEAT HACK(イートハック)は購入する価値がある?

現在3日間、朝食置き換えで使用しています。150gを1袋、amazonのプライムセールで購入しましたので費用は2,078円です。

使用して間がないため、体型など目に見える変化は感じられませんが、「EAT HACK」に朝食置き換えをすると満腹感が持続して間食をしないで済むためカロリー制限に役立っています。
その分身体も軽く感じられますし、朝の時間の集中力も増しているように思います。

これまでは栄養食を飲みにくくても必要なのだから仕方がない…と妥協しながら使用してきましたが、「EAT HACK」は自然と生活に溶け込んで、朝の時間を充実させながら栄養補給できて、非常に満足しています。

人工甘味料エリスリトールや、微硫酸化ケイ素が含まれている点で少し残念な気持ちになりますが、大人であれば微量の摂取では問題ないとされている成分ですので、使い勝手の良さに免じて今回は目を瞑りたいと思います。

カロリー制限・糖質オフダイエット中の方や、外食やコンビニ食が多く栄養バランスの偏りが気になる方の栄養補助、トレーニング後のプロテインとしてもおすすめです。

「EAT HACK」単品を水で割ったものはあまり美味しくはありませんでしたが、アーモンドミルクで割ったり、同じミウラタクヤ商店販売の「チャコールバターコーヒー」と合わせて飲めばカフェで飲む美味しいドリンクのできあがり。とても満足度が高くなります。

これまで栄養食やプロテインは我慢して飲むものだと思っていた方にこそ、「EAT HACK」をこのようにアレンジして試していただきたいですね。

味や美味しさよりもやっぱり成分の充実を求める!という方や、徹底的に人工甘味料など体に悪影響を及ぼしそうなものは排除したい!というは、完全栄養食やプロフェッショナルなトレーニー向けのプロテインがありますので、そちらをご検討いただくと良いかと思います。

-プロテイン, 完全栄養食

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5