バターコーヒー

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」を使ってみた!口コミ評判との比較や味や料金、痩せる痩せないのダイエット効果について解説

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」の料金と栄養成分(カロリー、脂質)、原材料について。グラスフェッドバターとMCTオイルは入っていない

・製品名:チャコールバターコーヒー
・成分:
【原材料】
コーヒーパウダー、脱脂粉乳、有機マカ末、有機アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン、有機ショウガ末、バターパウダー、備長炭、粉末油脂(中鎖脂肪酸油)、デキストリン、加工でんぷん、香料、植物炭末色素(竹炭)、木炭(活性炭)
【栄養成分】
エネルギー 4.64kcal
タンパク質 0.28g
脂質 0g
炭水化物 0.88g
食塩相当量 0.002g
糖質 0.8g

今回私が試したのは、ミウラタクヤ商店の「チャコールバターコーヒー」です。

「チャコールバターコーヒー」は、ダイエットに効果ありと話題のバターコーヒーを、お湯に溶かすだけで10秒とかからず作れるインスタントコーヒーです。
本来のバターコーヒーには含まれていない活性炭、有機マカ、有機ジンジャー、イヌリン、アカシア食物繊維といった成分が含まれていて、デトックス効果や代謝アップなど、ダイエッターに嬉しい効果が盛りだくさんです。

バターコーヒーを試してみたい方、バターコーヒーは飲みたいけど作るのが面倒だという方、ダイエット中の方、ケトジェニックに興味がある方におすすめです。

1箱30包入りが税込2,138円で約1ヶ月分、1杯は71円です。(税抜き1,980円で計算すると1杯63円)バターのまろやかさとコクにほっとする味わいです。

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」を購入した理由。置き換えダイエットにバターコーヒーが効果あると聞いて


私は1年半ほど前からダイエット中ですが、尋常ではなく食欲が旺盛です。
朝は完全栄養食などで置き換えを試みるのですが、すぐにお腹が空いて間食に手を伸ばしそうになり、それを我慢していると集中力が失われて仕事が疎かになる体たらく。

このように食事制限が全く向かないので、食べたら食べた分運動をして帳尻を合わせるようにしていますが、効率は悪いですよね。
なので、空腹時に摂取しても罪悪感を感じにくい飲食物を探していました。

1年ほど前に知人から、『バターコーヒーは腹持ちも良いし健康にも良くて、集中力もアップするよ。置き換えダイエットにいいよ』とおすすめされ、調べたことがあります。
バターコーヒーは調べれば調べるほど魅力的ではあるのですが、ものぐさな私には作る過程が大変面倒に感じられました。

まずグラスフェッドバターとMCTオイルを揃えなくてはいけないのが難でした。成城石井などの限られたスーパーでしか購入することができず、そこそこなお値段がします。
良いものだということはわかるのですが、三日坊主になることが容易に想像できたのですぐに断念しました。

しかし、「チャコールバターコーヒー」なる粉末インスタントコーヒーなら、お湯を注ぐだけでバターコーヒーの恩恵にあずかれるというではありませんか。
私のようなバターコーヒー初心者でものぐさな人間にうってつけの製品です。

他にもコーヒーパウダー入りの粉末インスタントなら「MCTクリーマー」や「エブリディ・バターコーヒー 粉末インスタント」なども候補に上がりました。

その中であえて「チャコールバターコーヒー」を選んだ決め手は、「チャコールバターコーヒー」を開発したミウラタクヤ商店店長のミウラさんのキャラクターです。

LINEでユーザーからのダイエット相談に乗られていたり、製品開発にもこだわりが感じられて、「チャコールバターコーヒー」をぜひ試してみたい!と思いました。
というわけで、今回が私にとって初のバターコーヒー体験となります。

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」購入。amazonで買えるけどカルディ、成城石井や樂天では買えない。


私がチャコールバターコーヒーを選んだ大きな理由のひとつは、ミウラタクヤ商店公式サイトで見た、店長・ミウラさんの人柄です。
LINEで開発者ご本人に「チャコールバターコーヒー」の使い方やダイエットのアドバイスを質問できるなんて、他のメーカーにはないサービスだと思います。

ミウラさんご自身がダイエット成功者であり、その経験を生かして開発されたこだわりの製品なので、とても興味がわきました。
ですが、公式サイトのデザイン自体は今流行りの縦長ブログ形式で、欲しい情報に辿り着くのに時間がかかってしまいストレスを多少感じました。

公式サイトから商品を買おうにもどこから買えば良いのか悩んでしまう始末。4個買うと1個無料になってお得なのですが、まずは1個試してみたいのと製品ページに『1箱のみの購入であればamazonなら送料無料』とありましたので、システムが明快なamazonで購入しました。

またミウラタクヤ商店の製品は基本ネットでしか販売しておらず、実店舗はありません。最初カルディや成城石井で買える?と思ったのですが、「バターブーストコーヒー」という別物でした。

公式サイトは読み物としても面白いのサイトなので、公式サイトや製品情報がもっと見やすくなれば嬉しいなと思いました。
製品情報に関していえば、『MCTオイル配合』と謳われているにも関わらず、実際に使用されているのは『独自のバターパウダー』でMCTオイルは不使用とのことで、非常に混乱しました。

その情報について書かれているページが分かれているので、ユーザーに誤解を与えてしまわないか心配です。
ミウラさん曰く、MCTオイルは入っておらず本物のバターコーヒーに栄養面では劣るが、他に優れた成分が含まれているのがポイントとのことです。
気になる方はLINEのサービスを利用して直接ミウラさんのお話を伺っても良いかもしれませんね。

値段は普通のインスタントコーヒーに比べるともちろん高いですが、バターコーヒーの材料を買い集めるのと作る手間を考えれば余裕で許容できる範囲です。

間食予防が一番の目的なので、やはり腹持ちの良さがどれくらいのものか期待しました。あとは活性炭のデトックス効果や、有機マカ、有機ジンジャーで代謝アップでダイエット効率を向上させられたら嬉しいですね。

不安に思ったことは、私は普段ブラックコーヒーしか飲まず、砂糖やミルクなどが添加されたコーヒーが苦手なので、バターが加わるとどういう味になるのか想像がつかないことでした。とはいえ、初めてのバターコーヒーなので興味の方が優っていましたね。

製品が到着してみると、パッケージがオシャレでテンションが上がりました。個別包装なのも手が汚れず清潔なので嬉しいですね。念願のバターコーヒーなのでとにかく早く飲みたくてウズウズしました。

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」味は美味しい?まずい?おすすめの飲み方や作り方について


バターコーヒーの効果を最大限に活かすには、完全に朝食を抜く「朝ファスティング」が推奨されていて、夕食後16~18時間は食事を取らずバターコーヒーだけで凌ぐのが正しいやり方のようです。

ですが、私は朝食を完全栄養食に置き換えているので、空腹を感じ始める9時頃に「チャコールバターコーヒー」を使用することにしました。

ワクワクしながら「チャコールバターコーヒー」の個包装を開封すると、ナッツのフレーバーコーヒーのような香りがしました。香りの元はバターパウダーだと思うのですが、個人的にはあまりバターの香りを感じませんでした。

作り方はとても簡単。コーヒーカップに1包分のチャコールバターコーヒーの粉末を入れて、お湯150mlを注ぐだけであっという間に完成です。ティースプーンで10秒混ぜたら粉末は完全に溶けました。

味は香りの印象そのままにナッツのフレーバーコーヒーで、150mlのお湯で溶かしたのでアメリカンコーヒーのように仕上がりました。濃い味がお好きな方は120mlのお湯で作られると良いと思います。

水でも溶けるのでアイスコーヒーにしたり、カフェオレのようにしても良いですね。

バターコーヒー自体を試したことがないので、本格的なバターコーヒーと比較はできないのですが、飲みやすくて好印象です。バターのコクは感じますが、舌に残る味はしつこくなく後味さわやかで飲み飽きしないです。妙な甘さもありません。

飽くまでインスタントな風味ですが、この手軽さでこの味なら十分満足できます。何よりも念願のバターコーヒーを試せたことが嬉しかったです!

それと同時に、インスタントでこんなに美味しいなら本物はどれだけ美味しいの!?と気になり始めました。

「チャコールバターコーヒー」は期待半分興味半分でしたが、コーヒーにバターの風味が加わるとこんなに美味しいのかと、予想以上に気に入りました。

なおミウラタクヤ商店では同じブランドの「イートハック」というプロテインがあるのですが、置き換えダイエット目的ならそちらを一緒に溶かして飲むこともおすすめしています。(たんぱく質を多く取れる飲み方らしいです)

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」を置き換えダイエットで使った結果。痩せる効果はある?


独自のバターパウダーの効果なのか、「チャコールバターコーヒー」を飲むと不思議なことにそこそこ満腹感が続きます。間食したい欲求が抑えられて仕事が捗ります。

ミウラ店長曰く、脂質を追加したい人はMCTオイルを加えると良いとのことなので効果を高めたい方は試してみても良いかもしれません。

とにかく私は「チャコールバターコーヒー」をすっかり気に入ってしまったので、1日に3杯飲んでいます。

バターパウダーの脂質で人によってはお腹がゆるくなることがあるそうなので1日3杯までに留めてますが、制約がなければもっと飲んでしまっているかもしれません(笑)

活性炭によるデトックス効果や代謝を促進させる効果は今のところあまり実感はありません。ですが、間食が抑えられるので、継続使用すればウェイトダウンは期待できると思います。

一般的なバターコーヒーについてですが、バターコーヒーの定義はグラスフェッドバターとMCTオイルが入っていることとされています。

独自のバターパウダーでオイル成分を代用している「チャコールバターコーヒー」は、バターコーヒー通の方にとっては似て非なるものなのかもしれません。

コーヒーパウダー入りの粉末インスタントのバターコーヒーなら、「MCTクリーマー」や「エブリディ・バターコーヒー 粉末インスタント」などがあり、これらにはMCTオイルが含まれています。

「チャコールバターコーヒー」の強みは、バターコーヒー風味の味わいで腹持ちが良く、活性炭、有機マカ、有機ジンジャー、イヌリン、アカシア食物繊維などの独自の成分がダイエットをアシストしてくれる点でしょうか。

なんといっても、飲みたいと思った時にすぐ飲める「チャコールバターコーヒー」はとても魅力的です。コスト面も納得のいく範囲なので、今後も継続して使用したいですね。

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」の口コミ評判について

チャコールバターコーヒーですがとても売れているそうなのですが、割と口コミが分かれています。

美味しい、満足、という方がほとんど・・・

なのですが、amazonでレビューを見ると★1、★2も割と見かけます。その理由というのが

  • バターコーヒーなのに脂質がほぼ0とはどういうこと?
  • 『MCTオイル配合』と説明しているのに原材料に書かれていない(=入ってない)
  • 本物のバターコーヒーのような濃厚さはなく、それをイメージするとバターコーヒーとは言えない
  • 本物のバターコーヒーじゃないから味が薄くお腹がすく(=ダイエット向きでない)

と原材料と説明があってない、本物のグラスフェッドバターを使ってないから濃厚さがなく、これはバターコーヒーでない(=比べると美味しくない)というものでした。

私は本物のバターコーヒーを飲んだことがなく、これがはじめてで置き換えダイエット目的で買ったので割と満足しているのですが、本物のバターコーヒーを期待するとどうも違うようです。

多分「本物のグラスフェッドバターを使ってないけどその分安くて手軽に作れて置き換えダイエットにはちょうどいい」と思って買うほうが良さそうですね。

ミウラタクヤ商店「チャコールバターコーヒー」は使う価値がある?

ものは試しの1箱購入で数日使いました。よって費用は税込2,138円です。「チャコールバターコーヒー」の効果で外見的な変化があったかどうかはわかりません。

体調面も特に変化もありませんが、飲んでいるとお腹が満たされている感覚があるので、間食が抑えられて結果的に痩せそうな気がしています。

効果といえば、やはりバターコーヒー本来の効果が気になるところ。

「チャコールバターコーヒー」はMCTオイル配合と書かれていますが実際には入っていないところが残念でしたね。
独自のバターパウダーでバターコーヒーを装ってますが、バターコーヒーの大きな魅力はグラスフェッドバターの不飽和脂肪酸とMCTオイルの中鎖脂肪酸によるダイエット効果だと思います。

他の成分でダイエット効果が期待できるとはいえ、「チャコールバターコーヒー」だけでバターコーヒーを知ったつもりになるのはもったいないなと感じています。

圧倒的手軽さが「チャコールバターコーヒー」の大きな魅力で味も満足はしています。

今後もストックして継続使用したいですが、他のインスタントバターコーヒーや、自分でコーヒーを点てて作るバターコーヒーも試してみたいですね。

「チャコールバターコーヒー」は、バターコーヒー初心者や、バターコーヒー飲みたいけど作るの面倒くさいという方、ダイエット中に間食を抑えたい方に特におすすめです!

本格的なバターコーヒーをお求めの方は、グラスフェッドバターやMCTオイルが配合されたインスタントバターコーヒーもございますので、そちらを検討されると良いと思います。

-バターコーヒー

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5