完全栄養食

林さんのuFit完全栄養食を使ってみた体験談!味や料金、効果について解説

uFit完全栄養食の料金と栄養成分、原材料について

・製品名:uFit「uFit完全栄養食」

・成分:
【原材料名】マルトデキストリン、大豆たんぱく、ホエイ(乳清)たんぱく、イヌリン、抹茶、乾燥おからパウダー、還元パラチノース、粉末油脂(食用油脂、乳糖、デキストリン)、MCT(中鎖脂肪酸油)、デキストリン、食塩、乳酸菌(殺菌)/香料、塩化カリウム、貝カルシウム、乳化剤(大豆由来)、甘味料(ステビア)、酸化マグネシウム、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B₁、V.B₆、V.B₂、V.A、葉酸、V.D、V.B₁₂)、カゼイン、加工デンプン、ピロリン酸第二鉄(一部に乳成分・大豆を含む)

【栄養成分】
1食(50g)あたり
熱量:198.1kcal 
タンパク質:12.7g 
脂質:5.6g 
炭水化物:26.0g 
食物繊維:7.0g
食塩相当量:0.35g 
乳酸菌:100億個
カルシウム:234.7mg
カリウム:416mg
マグネシウム:113.4mg
鉄:2.5mg
ビタミンA:270㎍
ビタミンD:2.75㎍
ビタミンE:4mg
ビタミンB1:0.55mg
ビタミンB2:0.55mg
ナイアシン:5.5mg
ビタミンB6:0.5mg
葉酸:110㎍
ビタミンB12:1.2㎍
パントテン酸:3.3mg
ビタミンC:44mg

今回私が使用したのは「uFit完全栄養食」です。置き換え栄養食は数多く存在しますが、乳酸菌入りは「uFit完全栄養食」が世界初です。

1食置き換えるだけで、タンパク質、ビタミン、食物繊維、乳酸菌など、1日に必要な23種類もの栄養素の3分の1を摂ることができる文字通りの完全栄養食。

こだわりの国内製造で品質管理も万全、安心安全に日々の健康をサポートしてくれます。

お仕事が忙しくて食事を時短したい方、夜の摂取カロリーを抑えたい方など、手軽に栄養摂取して健康維持したい方におすすめです。

また糖質・脂質は大幅カットされているので、ダイエット中の方にも良いですね。タンパク質が1食中に12.7g含まれているので、トレーニング後のプロテイン代わりにも使用できます。

1袋の価格は5,500円(税込)で780g。1食50gとして約15食分です。

公式では1週間の間に4~5食を飲むことを推奨されているので大体3週間分程度です。香りの良い静岡県産の茶葉を使用した本格派の抹茶味で、飽きずに毎日飲めるリッチな風味に仕上がっています。

牛乳で割って飲むと、栄養食であることを忘れるほど美味しい抹茶ミルク味でご褒美感も抜群です。

なぜ、完全栄養食自体を使おうと思ったか?さらにuFit完全栄養食を選んだか?林さんについて


私は元々食欲が旺盛でお酒もよく飲むので、意識して食事管理をしないと摂取カロリーが2,000kcalをオーバーする日が連日続くこともザラにありました。

30代女性が外出自粛で先述した通りの食生活を送っていたらあっという間に肥満体型になってしまいます。

せめて摂取カロリーを減らしたい、でも栄養はバランスよく摂取したい…であれば今流行りの置き換え食にすれば一石二鳥なのでは? という訳で、完全栄養食を使用することにしました。

完全栄養食も様々な製品が発売されていますが、今回「uFit完全栄養食」を選んだ決め手は、乳酸菌を含むのは「uFit完全栄養食」が世界初!という点です。

昨今、腸内環境を良い状態に保てれば自然と痩せ体質になると言われていますので、腸内環境を制するものは美容を制すると言っても過言ではありません。この点は他の完全栄養食と大きな差をつける美点ではないでしょうか。

美容とダイエット目的でいえば、これまでもタマチャンショップの美容プロテイン「タンパクオトメ」をトレーニング後や朝食置き換えで愛飲してきました。

「タンパクオトメ」は美容成分がたっぷりな上にローカロリーで気に入っているのですが、乳酸菌や食物繊維が含まれる「uFit完全栄養食」とはまた違ったポジションですね。

また開発者が「林ケイスケ」さんというのですが、自宅でもできる脂肪を燃焼させる運動、運動不足を解消するトレーニング法をyoutubeで発信していたり、ufitという健康系のメディアを運営している、というのも選んだ理由でした。

https://twitter.com/uFitTrainer/status/1404640808117182464

uFit | 読めば分かる、フィットネス情報ガイド!

これで私もセレブの仲間入り!? 「uFit完全栄養食」のリッチさに高まる期待


uFitの公式サイトは、いわゆる意識の高い人が好きそうだなと感じました。

インフルエンサーが「uFit完全栄養食」をPRするInstagramの投稿や、おしゃれなウェアを身につけた女性が、シンプルだけど高級感のある部屋でトレーニングをする写真の数々に、こういう生活がしたいなぁと羨ましく思いました(笑)

デザインに関していえば、サイト内のパーツが結構動くので少し見辛いかもしれません。

情報も点在していて、栄養成分情報を製品情報ページで探したのですが見当たらず、よくあるご質問ページにアクセスしてやっと見つかりました。

今流行りの縦にスクロールして見るタイプのページは自分が欲しい情報になかなか行き当たらずストレスが溜まりがちです。

栄養成分の数値は気にする人も多いので、もっとわかりやすいところに配置した方がいいのに…と残念に思いました。

製品紹介自体は、国内工場での生産風景の写真も掲載されていて安心感があります。

「毎日の健康を美味しく手軽に。」というキャッチコピー通りに、摂取タイミングの提案も具体的で自分が使用する時のイメージがしやすかったです。

値段は1袋780gで5,500円、単純に高いですね。15食分なので1食367円の計算に。ランチ代と思えば安いのでしょうか。

お値段に見合った良いものだとは思いますが、継続することを考えると怯んでしまいます。

ですが、ただの置き換え食ではなく乳酸菌入りの完全栄養食ですので、「uFit完全栄養食」だけで理想的な栄養素1食分が摂取できるのは魅力的でした。

個人的に、抹茶が大好きなので静岡県産の抹茶がふんだんに使用されている点にも期待が高まりましたね。

新しい製品を試すときは味の良し悪しを懸念するのですが、「uFit完全栄養食」は他の方のクチコミを見ていても不味いという意見が見当たらず、私にしてはめずらしく不安に思う点はありませんでした。

製品は、1袋の購入ですと平たい段ボールで梱包されてポストに投函されました。

抹茶味にちなんだグリーンのパッケージは品があって、「uFit完全栄養食」のイメージそのもの。

パッケージを開封すると高級感溢れる抹茶の香りが広がってときめきました。

飲んでみた感想。抹茶好き必見!「uFit完全栄養食」が栄養食であることを忘れる圧倒的おいしさ


最初は朝食の置き換えとして、全量牛乳で割って使用しました。付属のスプーンはパッケージの背面にセロハンテープで貼り付けられているのですぐに見つけることができました。

水または牛乳を先にシェイカーに入れてから、「uFit完全栄養食」を投入するとダマができないのでおすすめとのこと。

パッケージに記載されている通り、牛乳300mlをシェイカーに入れて付属スプーンすり切り4杯(50g)の粉末を投入、10秒間元気よくシェイクしてみました。

結果、かなりダマが残りました。追加で30秒シェイク。シェイカーの側面にまだダマが見られます。更に30秒シェイク。一見するとダマは見受けられなくなりました。

粉末自体そこまで荒くはなくシルキーですが、粉溶けは良いわけではないので、指定の秒数以上、しっかりとシェイクする必要がありそうです。

初回は1分以上シェイクしたことになりますが、それでも多少ダマが残ってしまい、飲んでいると口の中に0.5mm程度の粉の塊が…。

ですがそれが気にならなくなるほど、めちゃくちゃ美味しいです。完全栄養食であることを忘れるほど本格的な抹茶ミルクです。

私は某コーヒーショップの抹茶ラテが好きなのですが、カロリーを考えてなかなか飲めずにいました。ですが今後は「uFit完全栄養食」の牛乳割りで十分満足できる気がしています。
静岡県産の抹茶使用という看板に偽りなく、香りがとてもいいです。

抹茶味にはうるさいという抹茶フリークの皆さんにも胸を張っておすすめできるクオリティだと思います。

1食分を「uFit完全栄養食」に置き換えて、満腹感や満足感は得られるのか?という懸念もありましたが、結果大満足です。

いくら美味しさを強調されても所詮は完全栄養食だからそこそこ飲めればそれでいい、くらいに考えていましたが、「uFit完全栄養食」は本当にご褒美レベルでした。
これで栄養満点なんてそんなうまい話があるのか!?と驚きを隠せません。

効果はあった?おいしすぎる完全栄養食「uFit完全栄養食」で仕事もダイエットも頑張れる!

置き換え食というと、「uFit完全栄養食」は置き換え食自体がご褒美になるという衝撃的な製品でした。

朝食は「uFit完全栄養食」と決めてしまえばなんのフラストレーションもありませんし、時短できた分を自分の趣味に当てるなど、生活全般も充実すると思います。

乳酸菌と食物繊維が含まれているので、お通じに悩んでいる方にも嬉しい効果がありそうです。

腸内環境が整えばお肌や体調も良くなって、体の内側から健康になっていることを実感できます。

ボディメイクをされている方なら、トレーニング後に美味しい抹茶ミルクが飲める!と思えばきつい筋トレに耐えるモチベーションにもなるのではないでしょうか。

先述しましたが、タンパク質やビタミンが豊富な完全栄養食は他にもありますが、何かを我慢して栄養を補うために飲むものではなく、美味しくて健康になれる飲みものという点が私にとって大きな違いでした。

私の場合、これまでは美容プロテイン「タンパクオトメ」(56kcal)アーモンドミルク割り(約56kcal)とバナナ(約80kcal)が朝食の定番でしたが、すぐにお腹が減って昼食までに間食してしまうことが多々ありました。

「uFit完全栄養食」(194kcal)は1食だけで本当に満足感があって昼食までしっかり保ちますので、ウェイトコントロールにも効果的だと思います。

ただ、ウェイトダウンを目的とした場合、「uFit完全栄養食」(194kcal)を300mlの牛乳割り(約186kcal)にすると1食約380kcalと高カロリーで仇になってしまうので、多少味は淡白になってしまいますが豆乳やアーモンドミルクに変えるか、牛乳と水を半々にするなど対策が必要ですね。

味や効果について「uFit完全栄養食」は間違いなく毎日続けたいと思える製品です。やはりネックになるのはお値段でしょうか。

1袋5,500円で15食分、1食367円を毎日続けるとお財布もダイエットすることになってしまいますね…。

uFit完全栄養食まとめ。買う価値はある?


現在はまだ数日間の使用で、1袋を購入したので総額は5,500円です。

体重の変化はまだ感じられませんが、現時点でもお腹の調子は良く、乳酸菌の効果を実感しています。継続して良い腸内環境を保てれば、無理なく理想の体型に近づけるのではと期待できますね。

「uFit完全栄養食」を試して、こんなに美味しい置き換え食が存在するということを知ることができてよかったです。

おかげ今後他の製品を使用するときのハードルがぐんと上がりました。

しかしやはりコスト面が気になります。置き換え食として比較したときに、これまで使用してきた「タンパクオトメ」は1袋2,980円で17食分で1食175円。

対する「uFit完全栄養食」は1袋5,500円で15食分。1食は367円。単純に倍のお値段になってしまいます。

1食分に含有されるタンパク質量はどちらも12g程度。

美容プロテインと完全栄養食ではそもそもの目的が異なり特徴的な栄養成分もそれぞれですが、毎日継続する置き換え食という点で検討すると「uFit完全栄養食」に完全に切り替えるのは勇気が要ります。

ですので、「uFit完全栄養食」にしかない乳酸菌や、多く含まれる食物繊維や中鎖脂肪酸といった成分をどこまで重要視するかがポイントになりそうです。

その分をサプリメントで補うとなっても別にコストがかかってしまいますし、「uFit完全栄養食」の美味しさに魅了されたものとしては、何か他の製品と併用して継続するのが一番の落とし所ではないかなと感じています。

以上の内容から、完全栄養食に置き換えて手っ取り早く良質な栄養が摂りたい!美味しいものじゃなきゃ嫌だ!という方に、「uFit完全栄養食」は間違いなくお勧めできます。
強いて難点を挙げるなら、コスト面で妥協できないという方は、他の選択肢を模索することになりそうですね。

-完全栄養食

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5