プロテイン

Grong(グロング)ホエイプロテインを使ってみた体験談!味や料金、効果について解説

Grong(グロング)ホエイプロテインの料金や栄養成分、原材料について

製品名 GronG(グロング)ホエイプロテイン
原材料
・乳清タンパク(乳成分を含む)
・ストロベリーパウダー※味によって異なる
・乳化剤(大豆由来)
・甘味料(スクラロース)
・着色料(ベニコウジ)
・ナイアシン
・パントテン酸Ca
・葉酸
栄養成分(1食29g) ・エネルギー:118kcal
・タンパク質:21.8g
・脂質:2.2g
・炭水化物:2.9g
・食塩相当量:0.15g
・ビタミンA:269μg
・ビタミンD:1.76μg
・ビタミンE:1.83mg
・ビタミンB1:0.659mg
・ビタミンB2:0.406mg
・ナイアシン:3.77mg
・ビタミンB6:0.458mg
・ビタミンB12:0.835μg
・葉酸:76.6μg
・パントテン酸:1.82mg
・ビタミンC:32.0mg
内容量 3kg(約100日分)
価格 5,780円
味 ・ココア
・ストロベリー
・バナナ
・抹茶
・バニラ

GronG(グロング)ホエイプロテインの基本情報は上記の通りです。

1食分の栄養成分をみてみると、1回分約30g当たり約20gのタンパク質が含有されているのに加えて、11種類のビタミンが配合されています。

内容量3kgに対して1食29gなので約100食分となっており、価格は5,780円なので1回当たり57.8円です。

味は5種類用意されており、私はストロベリーを主に使っていますが、甘みが強く飲みやすいのが特徴です。

プロテインの中では比較的リーズナブルで味も美味しく、続けやすい商品だと思いますので、トレーニング初心者の方やコスパ良くタンパク質を摂取したい人におすすめの商品と言えるでしょう。

プロテインを使い始めた理由とGrong(グロング)ホエイプロテインを選んだ理由

元々、筋トレを1年半ぐらい前から始めており、当初はプロテインなども使っていなかったのですが、徐々に食事や栄養を気に掛けるようになり、タンパク質を積極的に摂取する目的でプロテインの使用を考え始めました。

そこで、最初はザバスを購入して使っていたのですが、少し価格が高いこともあり、リピートはしませんでした。飲んでみた感じは良かったのですが、もう少し安い商品でないと長く続けられそうにないと思ったので、今度はよりリーズナブルなプロテインを探してみました。

その次に購入したのがエクスプロージョンのプロテインで、ノンフレーバーのかなり安い商品だったのですが、味が悪く続けることができませんでした。

このような流れがあったため「価格が安い」「味が良い」を両立するプロテインを求めるようになり、そこでGronG(グロング)のホエイプロテインを見つけました。

1食当たりの価格も安いですし、味の種類も豊富、口コミも悪くなく魅力的な商品だと思いましたし、タンパク質の吸収を促進してくれるビタミン類も含んでいたというのも決めてになりました。

Grong(グロング)ホエイプロテインを買ったときの印象

私はこのプロテインを楽天市場で購入したのですが、購入前は多少の不安を抱いていました。

GronG(グロング)というメーカー自体聞き馴染みがありませんでしたし、価格が安すぎると質も悪そうなイメージがあったので、商品を見た瞬間に即購入するといった感じではありませんでした。

そこで口コミなどを結構参考にしていたのですが、そこまで悪い内容は見られず「コスパの高さ」に高い評価を得ていたので、購入する決心がつきました。

値段についてはかなり安い部類に入るでしょう。1食当たり57.8円という低コストぶりはあまり見られません。

個人的にこの価格ならコンスタントに続けていけると思ったので、味に問題がないことだけを考えて到着を待っていました。

効果については、基本的にプロテインは「筋肉を落とさないためのもの」と考えて飲むようにしているので、きっちりタンパク質が取れて、筋肉の張りなどが落ちなければいいなぐらいに考えていました。

商品が到着して実物を見てみると、まず最初に「デカイな!」という感想を抱きました。

今まで1kgぐらいの商品を使っており、GronGの内容量は3kgと3倍のサイズなので多少驚きました。

Grong(グロング)ホエイプロテイン体験談。味や飲みやすさについて

基本的に私は「トレーニング後」+「朝」「就寝前」の1日3回プロテインを飲んでいます。

トレーニング後は1食分、朝と就寝前は0.5食分飲んでいるので、1日当たりの摂取量は2食分(タンパク質だと43.6gぐらい)です。

プロテインの味は甘みが強く、水で溶かしても飲みやすい味だと思いました。逆に、牛乳やアーモンドミルクなどで溶かすと甘すぎるぐらいに感じるほどです。

また、ダマになりやすいプロテインだなとも思ったのですが、ダマになっても甘みがあるので、そこまで気にせず飲めるようになっています。

シェイク感覚で飲めるので、空腹も紛らわしやすいですし、スイーツ気分でリフレッシュできる点は良いと思いました。

購入前は価格の安いプロテインですし、味はそこまで良くないだろうなと思っていたのですが、実際に飲んでみるとそんなことは全くなく、しっかりと味のついた美味しいプロテインだったので購入して良かったと思っています。

3kgとかなりの量があり、味が合わずに使うのが苦痛に感じる可能性もあった中で、期待を超える味と飲みやすさでした。

Grong(グロング)ホエイプロテイン使用後の効果は?

GronG(グロング)を使いながらトレーニングも継続しているのですが、着実に筋肉がついてきた実感があります。

もちろんプロテインはあくまでタンパク質を摂取するためのものであり、筋肉の成長にはトレーニングやその他の食事、睡眠なども重要なので、そこまで大きな影響を与えているわけではありません。

ただ、タンパク質がしっかりと取れているので、トレーニングをした次の日の朝や休息日であっても筋肉が落ちる感覚がないのは良い点だと思いました。

1食当たりの価格が非常に安いので、躊躇なく飲めるのも有り難いですし、ちょっと小腹が空いた時などに飲むという使い方も気軽にできます。「タンパク質を日常的に摂取する」という習慣ができたことで、トレーニングの効果をより高めることができたのかなと思っています。

おそらく他社のプロテインでも同様の効果は得られると思うのですが、味や価格を考えると、日常的に使いながら、長く続けやすいのはGronGが一番かと思いました。

1食当たりのコスパが高く、味も良いので、これからもリピートして長く使っていきたいと思います。

Grong(グロング)ホエイプロテインは使う価値がある?

今年に入ってからGronG(グロング)を使い始めて、半年ほど同じプロテインを使い続けています。(今は3袋目で総額だと約17,000円)

安く気軽にタンパク質が摂取できる生活になったので、トレーニングの成果も着実に出ていますし、身体の調子も悪くありません。

最近になって朝7時ぐらいからの筋トレも始めたのですが、今まで以上に負荷を増やしてもしっかりと回復できてますし、筋肉の張りも良いですね。

GronG(グロング)のホエイプロテインを買って最も良かったと思うことは「タンパク質を日常的に摂取する習慣ができた」ことです。

今まではトレーニングの後だけプロテインを飲んでいればいいと思っていたのですが、GronG(グロング)は価格が安いので「タンパク質が必要なときに飲む」という意識で使えるようになりました。

朝食のタイミングや就寝前などで積極的にタンパク質を摂取するようになったので、食事も筋肉にとって良いバランスになったのではないかと思います。

特に使っていて不満などはないです。強いて挙げればスプーンのサイズが半端で、「1食分、小山盛り2杯程度」みたいな表記で分かりにくいのが少々難点と言えるでしょう。

以上の内容からGronG(グロング)のホエイプロテインをおすすめする人・しない人は以下のようになります。

【おすすめする人】
・コスパの高いプロテインを探している人
・タンパク質だけでなくビタミン類も配合した商品を選びたい人
・トレーニングだけでなく日常的にタンパク質を摂取した人

【おすすめしない人】
・甘味料や着色料などの添加物を避けたい人
・甘みの強いプロテインが苦手な人

トレーニングをされる方でコスパの良いプロテインを探しているのであれば非常におすすめです。

飲みやすくて安いので、積極的にタンパク質を摂取しながら続けられるので、気になった方はぜひ試してみてください。

-プロテイン

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5