未分類

FUJIMI(フジミ)フェイスマスクを使ってみた!美容分析の体験談や料金、成分、効果について解説

FUJIMI(フジミ)フェイスマスクの料金と美容液の成分について

・成分:
<美容液①>
水、グリセリン、BG、1,2ーヘキサンジオール、アラントイン、アルギニン、カルボマー、トレハロース、ベタイン、パンテノール、ヒドロキシエチルセルロース、ゼオライト、ヒアルロン酸Na
<美容液②>
水、グリセリン、BG、1,2ーヘキサンジオール、ラウリン酸ポリグリセルー10、ラウリン酸ポリグリセルー4、アラントイン、カルボマー、トレハロース、オクチルドデセスー16、アルギニン、ベタイン、パンテノール、ヒドロキシエチルセルロース、ゼオライト、DPG、アデノシン、加水分解コラーゲン、水添ホスファチジルコリン、セリン、グリシン、アラニン、グルタミン酸、リシン、ロイシン、メチオニン、バリン、システイン、アスパラギン酸、イソロイシン、チロシン、トレオニン、フェニルアラニン、プロリン、ヒスチジン、PCA-Na、シロキクラゲ多糖体、セラミドNP、コレステロール、ステアリン酸、マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、パルミチン酸、スフィンゴ糖脂質、ステアリン酸スクロース、フィトスフィンゴシン、(+/-)香料、リナロール、シトロネロール、ゲラニオール

・パーソナライズで選ばれた美容成分一覧:
■第1美容液/肌トラブルにアプローチ
①ベタイン 天然のアミノ酸誘導体。硬くなった角質を柔らかくし、水分量を増加させる。肌馴染みが良く、水分保持機能も高い成分。
②ヒアルロン酸Na 1.0gで6.0Lもの水を保持することができる高い保水性を持つ。角質層の水分量を高めながら保護膜を作ってくれる成分。
③アルギニン 天然のアミノ酸誘導体で、肌表面を整えてくれる成分。表皮の角質層にある保湿成分の一部なので、肌馴染みのいい成分。
④パンテノール(プロビタミンB5) 角質層に浸透しやすい水分保持成分で、肌荒れ防止効果などを持ち合わせている。
⑤アラントイン アラントインにが肌を整える作用がある。赤ちゃん向けの化粧品にも利用されている優しい成分。

■第2美容液/なりたい肌に導く
①セラミドNP セラミドNPはセラミド3とも呼ばれ、肌を美しく保つために重要なお肌のバリア機能をうるおいで守る。
②シロキクラゲ多糖体 感触はベタつきや突っ張り感が少ないのに、高い保湿力を発揮してくれる成分。
③加水分解コラーゲン 水分の保持、コラーゲンと相性がいいという特徴があり、肌にうるおいを与える。みずみずしく美しい肌を目指す方の見方。
④セリン セリンはNMF(天然保湿因子)の中にも多く含まれるアミノ酸成分。皮膚に柔軟性、肌の水分量を保つために重要な成分の一つ。
⑤PCA-Na もともと我々が持っている、肌表面の保湿成分である天然保湿因子(NMF)の約12%も占める部分で、保湿量や吸湿性に優れる。
・香り:フレッシュマンダリン(柑橘系)

今回私が使用したのは「FUJIMI フェイスマスク」です。「FUJIMI フェイスマスク」は、FUJIMIの公式サイトの美容分析結果に基づいて、自分の肌に合うようカスタマイズされたフェイスマスクです。

お肌のバランスを整える第1美容液と、理想の肌に導く第2美容液が1パックに詰まっていて、使用直前に混ぜ合わせることでフレッシュなフェイスマスクが使用できます。

3種類の香りから好みのものを選ぶこともできるので、リラックス効果も期待できますね。自分のお肌の状態に合ったフェイスマスクをお探しの方におすすめです。

製造は韓国ですので、韓国コスメがお好きな方にも良いのではないでしょうか。また、パラベン、防腐剤、アルコール、鉱物油、旧表示指定成分、紫外線吸収剤といった、お肌に負担がかかる成分を徹底的に排除して作られているので、品質にこだわる方も安心です。

お値段は6枚入り単品が7,040円(税込・送料別)、6枚入り定期便が5,478円(税込・送料込)です。

私の美容分析の結果、現在の肌の状態はストレス性の乾燥肌とのことで、カスタマイズされた成分の内容は、第1美容液がベタイン・ヒアルロン酸・アルギニン・パンテノール(プロビタミンB5)・アラントインでした。

なりたい肌をなめらかで健やかな美しさと選択したので、第2美容液はセラミドNP・シロキクラゲ多糖体・加水分解コラーゲン・セリン・PCA-Naでした。選べるアロマはリフレッシュ効果が期待できるフレッシュマンダリンを選択しました。

FUJIMI(フジミ)フェイスマスクを選んだ理由

私の肌は、普段は肌荒れもなかなか起こさず丈夫なクセに、ちょっと凝った高価なスキンケア製品を使うとすぐに吹き出物を出すわがままな肌です。

普段はほったらかしで問題ないのですが、乾燥が特別気になるときや、ここぞ!という日の前日には少しだけ奮発したフェイスマスクを使うことがあります。

しかし、高確率で顔が痒くなったり吹き出物がアゴや頰、鼻に出現します。残念ながら原因は不明で、フェイスマスクジプシーを続けた結果、肌トラブルを起こさずに使用できているのが、油分と水分のバランスが乱れがちな大人肌に対応した毎日使えるフェイスマスク「ルルルン プレシャス GREEN」です。

「ルルルン プレシャス GREEN」なら洗顔後に顔に貼り付けるだけで面倒なスキンケアも不要で、しっかりと潤ってくれるので満足しています。

ルルルンのフェイスマスクであればスペシャルケアができる個別包装タイプのフェイスマスク「ルルルン ワンナイト」シリーズの大人レスキュー濃密保湿や大人レスキュー ハリツヤは肌トラブルを起こさず、1枚税込275円とお手頃なのにしっかり肌が元気になるので愛用しています。

ですのでフェイスマスクに関してはあまり冒険をしないようにしているのですが、まだ出会っていないだけでもっと自分に合ったフェイスマスクがあるのではという気持ちもありまして、調べていたところFUIJIMIの自分の肌に合わせてカスタマイズできるフェイスマスクを知りました。

美容分析を受けて自分の肌に合う成分を選んでもらえるのなら、私のわがまま肌でもトラブルを起こさずに使用できるかも!?という期待と、お肌に負担のかかる成分を使用していないという点に惹かれて、「FUJIMI フェイスマスク」を試してみることにしました。

FUJIMI(フジミ)フェイスマスク購入時~製品到着までの心境

FUJIMIの公式サイトにアクセスすると、アンバサダーの広末涼子さんがサプリメントをジュエリーのように纏った美しいヴィジュアルイメージに目を惹かれます。

透明感と清潔感のあるサイトデザインと、高級感あふれるプロダクトデザインで、使用すること自体がステータスになるように感じて是非使用してみたいと思いました。

「FUJIMI フェイスマスク」の製品情報は、情報量こそ少ないのですが徹底されたヴィジュアルデザインに圧倒されて、プラシーボ効果だけでも綺麗になれそうな気がしてきます。(笑)

FUJIMIの特徴はなんといっても美容分析ですので、早速利用して自分に合ったフェイスマスクを作ってみることに。

美容分析は、普段の食生活や生活習慣に関する質問に回答して、自分のなりたい肌と好みのアロマを選択するというもので、合計19問(名前入力を合わせると20問)の質問が用意されていました。
簡単な質問なのでテンポよく回答でき、1分くらいでサクッと終了。

かなりアバウトな内容なので、これで一体何がわかるのだろう?というのが正直な感想でした。


↑わりとざっくり

私の美容分析の結果は、現在の肌の状態はストレス性の乾燥肌で、現在の水分・油分のバランスはオイリー気味とあり、この大きな矛盾はなんだろう?と不思議に思いました。

乾燥肌だからこそ余分に皮脂を分泌してテカリの原因になる、と以前何かで読んだ気がするのでそういうことだと脳内補完しましたが、美容分析の結果だけだと何が何だかわかりませんね。

なりたい肌という質問事項ではなめらかで健やかな美しさを選択したので第2美容液の内容になったようですが、そのなりたい肌の選択結果でほぼ結果は決まるようですね。

コスメクチコミ投稿サイトで多数のユーザーの美容分析結果などをみていたのですが、私の結果と同じ方がとても多くいらっしゃったので、あまり自分に合わせてカスタマイズされている感覚が味わえず残念でした。

これで6枚入り単品が7,040円ですので、1枚約1,173円です。美容効果の高い高価なフェイスマスクは上を見始めるとキリがなく、「FUJIMI フェイスマスク」はそれらと比べると比較的お手頃価格なのかもしれません。

ですが、1枚300円未満のフェイスマスクでも十分満足している私としては相当リッチなお値段です。今まで1枚1,000円を超えるフェイスマスクを使用したことがないので、どれくらい効果に違いがあるのか非常に楽しみでしたね。

と言いながらも、色々な成分が高濃度で配合されているスキンケア製品は高確率で肌トラブルを起こしてきたので、顔が痒くなったり吹き出物ができたりするのではとドキドキしました。

到着した製品は、紙製の箱にお上品にフェイスマスクのパックが6枚入れられていて、捨てるの面倒なのでこの過剰包装いらないなと思いました。

フェイスマスクのパッケージは可愛くて、たっぷりの美容液に浸かったマスクをみるといかにも肌に良さそうな気がして、使用するのがとても楽しみになりました。

FUJIMI(フジミ)フェイスマスクを使ってみた。効果はある?


フェイスマスクは、朝の洗顔後に使用しました。「FUJIMI フェイスマスク」は使用方法にコツがあり、使用直前にマスクのパックを3つ折りにして、パック下部を強く握ることにより第2美容液を上に押し出して、第1美容液と混ぜ合わせてからその美容液をマスクに染みませるようによく揉むという行程があります。

私はこの行程が非常に面倒で、説明書を一読しても意味がよくわからず3回ほど読み直しました。使用直前に美容液を混ぜ合わせることでフレッシュなフェイスマスクを使用できるというのがウリのようなのですが、最初から混ざっていてもいいのでは…?

最初から混ぜてしまうと劣化するような成分が含まれているのでしょうか。疑問は残りつつも、グッと第2美容液部分を握りしめれば簡単に第1美容液に注入することはできました。

スキンケアの基本は、洗顔後顔が濡れている状態(しっとりしている状態)を保って絶対に乾燥させないことと以前に美容本で読みました。

フェイスマスクを使用するタイミングは洗顔後だと思うのですが、そのタイミングで美容液を混ぜる作業をしていたら顔が乾燥してしまうので、洗顔前に美容液を混ぜておくのが良いですね。

フェイスマスクは装着後、15~20分で取り外して、残った美容液は軽く手で馴染ませるようにとのことです。フェイスマスクを取り外した後、パッケージに結構美容液が残るので貧乏性の私は首回りやデコルテにもしっかり塗り込みました。

フェイスマスクの材質はかなり柔らかくて薄めで、拡げる時に少し絡まったのが気になりました。形状については、私は比較的鼻が高いので、鼻を覆う部分が小さすぎるように感じました。

目や口の位置に合わせたときに顔全体をカバーできるので私の顔が大きすぎるというわけではないと思うのですが、鼻に関しては半分くらいまでしか届かず、鼻のふくらみの辺りから完全に露出してしまっている状態に…。
鼻周りの乾燥やテカリが気になるのに、これでは全く意味がありません。

普段使用しているフェイスマスクではこのようなことがないので残念に思いました。美容液はとろみはありますがサラサラしていて、濃密さはそこまで感じません。

いつまでもベタつくのは不快なので、このあっさりした使用感は良いです。

アロマはフレッシュマンダリンを選択したので柑橘系の香りがしましたが、すごくいい香り!というわけでもなく、そこまで強く香るわけでもなく、中途半端に感じられてこれなら無香料でいいのになと思いました。

顔に装着している間の使用感は至って普通で、1枚300円未満のフェイスマスクと何が違うのかよくわかりませんでした。

FUJIMI(フジミ)フェイスマスクで肌トラブル。自分には合わなかった・・


「FUJIMI フェイスマスク」を使用後、恐れていたことが起きました。とにかく顔全体が痒いのです。

あまり触るといけないので我慢していましたが、気になること気になること…。

夜の洗顔でようやく解放されたものの、翌朝にはアゴや頬に赤い吹き出物が4箇所ほど出現しました。

これは合わないスキンケア製品を使用すると、必ず起きるお約束の現象です。

使用後、確かに顔はしっとりとしていますが、毎日使用しているフェイスマスクでもちゃんとしっとりしているので、「FUJIMI フェイスマスク」だからこそ得られた効果という実感もありません。

成分の何が原因か、せめてわかれば良いのですがそれを特定するのは難しく、参考にならずにすみません。

「FUJIMI フェイスマスク」は、残念ながら私の肌には合わない製品でした。美容液を混ぜ合わせる手間、1枚1,000円超えのお値段、そして肌トラブル…。

「FUJIMI フェイスマスク」を継続使用することはないですね。

合わなかったけどFUJIMI(フジミ)フェイスマスク自体はいい製品かもしれない

「FUJIMI フェイスマスク」は6枚入りを単体購入しましたので、6枚入り単品7,040円と送料330円で、総額の費用は7,370円です。

「FUJIMI フェイスマスク」は残念ながら私の体質には合わず、使用後から肌の痒みが起こって、翌朝にはアゴや頬に吹き出物が複数できてしまいました。

私は元々、美容成分が多く含まれるスキンケア製品を使用すると肌トラブルを起こす体質なのですが、何が原因かは特定できておりません。

美容分析を受けて自分に合ったフェイスマスクをカスタマイズできるというコンセプトは非常に魅力的で、本当に肌の悩みを改善できるのではないかと期待していたので残念です。

美容分析の結果を見るだけでも自分の肌がどういった状態かの予想を見ることができる点は興味深かったです。

送られてきた製品も、その内容に適した成分のフェイスマスクではあると思うので、合う方もいらっしゃるのではと思います。

コスメクチコミ投稿サイトを見ていると良い評価も多く目にしますので、自分の肌の状態を知りたい、自分の肌に合うとされるフェイスマスクが欲しいという方は、一度試されても良いのではないでしょうか。

私のように肌トラブルを起こすパターンもありますので、スキンケア製品に肌が敏感に反応してしまう方は、成分などをよくご覧になってご検討ください。

-未分類

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5