プロテイン

コンバット(COMBAT)プロテインを使ってみた!体験談や味、料金、成分、効果について解説

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバターの料金と栄養成分、原材料について

【原材料】
精密濾過タンパク質ブレンド(ホエイタンパク質濃縮物、ホエイタンパク質単離物、ホエイタンパク質加水分解物、ミセルカゼイン、卵アルブミン)、ココア豆粉末、イヌリン、天然および人工香料、塩、L-グルタミン、スクラロース、アセスルファムカリウム、プロテアーゼ、クエン酸カリウムラクターゼ、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-バリン、大豆レシチン
【栄養成分】1食35gあたり
エネルギー 120kcal(iHerbでは何故か130になってる)、脂質 1.5g、コレステロール 46mg、ナトリウム 220mg、カリウム 257mg、炭水化物 5g、食物繊維 1g、砂糖 2g、たんぱく質 25g

今回私が使用したのは、アメリカのスポーツサプリメントブランド・マッスルファームの「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」です。

「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」は、それぞれ製法や性質の異なる5種類のプロテインを組み合わせることにより、筋肉増強や運動効率の向上、肉体疲労や筋肉痛の回復に特化したミックスプロテインです。

たんぱく質25gでBCAAも多く含まれていて、激しいトレーニングを行う方やボディメイクに励む方におすすめです。グルテンフリーで、ドーピング禁止成分検査も徹底しているなど、品質にもこだわっています。

「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」は世界150カ国以上で利用サプリメントやヘルスケア用品を購入できる通販サイト「iHerb」で販売されていて、お値段は4ポンド(1814g)が5,625円。1食の規定量は35gですので、約52食分です。

フレーバーはアメリカらしさを一番感じるチョコレートピーナッツバターを選択しました。

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバターを選んだ理由

私は2年ほど前から、ダイエットを目的としてトレーニングや簡単な食事制限を行ってきました。

トレーニングジムに通い始めた頃、筋肉量が増えると代謝が上がって痩せやすくなるので、たんぱく質を多く摂るようにとトレーナーからアドバイスを受け、プロテインを使用するようになりました。

最初に購入したのは、プロテインメーカーとして日本で一番知名度が高いと思われる、SAVAS(ザバス)の「ホエイプロテイン100+ビタミン リッチショコラ味」でした。

「ホエイプロテイン100+ビタミン リッチショコラ味」は、とにかく甘くて人工的な味が気になり、トレーニング後の疲れた体で飲むには非常に負担を感じました。

また、私は乳糖不耐症なので、ホエイプロテインの原材料に含まれる乳糖に反応してお腹が緩くなってしまうという問題もありました。

その後、自分の体に合うプロテインを模索した結果植物性プロテインをメインで使用するようになったのですが、激しいトレーニングの後は体への吸収が早いホエイプロテインの方が、肉体疲労や筋肉痛の軽減といった効果が得やすいように感じ、再度使用を検討するようになりました。

乳糖不耐症でも安心して使用できるホエイプロテインを調べると、原材料である生乳から乳糖や脂質といった不純物を除去して、たんぱく質の含有量を90%以上に高めるWPI製法の製品であれば、お腹が緩くなりにくいとのこと。

そのWPIホエイプロテインを使用していて、なおかつ激しいトレーニングやボディメイクにも適している製品を探したところ、「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」を知りました。

「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」には、先に挙げたWPI製法の他に、比較的安価で多くのプロテインに使用されているWPC製法、体への吸収が速く筋肉増強に特化したWPH製法のホエイプロテインが使用されています。

さらに、BCAAとアルギニンを多く含む卵白アルブミンや、アミノ酸の効果を長時間維持させる効果を持つミセルカゼインがゆっくりと体に吸収され、トレーニングの成果を最大限得られるように作られています。

トレーニーにとって最強の布陣とも言える内容で、1食あたりのお値段が約108円というコスパの良さも相まって、試してみることにしました。

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバター購入時~製品到着までの心境

「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」を製造・販売するのはアメリカのスポーツサプリメントブランドの「マッスルファーム」です。このブランド名を直訳すると筋肉+牧場ですよ。

とてつもないパワーワードで、海外製品に抵抗を持つ私でもつい興味を惹かれてしまいましたね。

「マッスルファーム」の公式サイトを日本語翻訳して見てみましたが、さすがアメリカ、掲載されている写真のどの筋肉もアメリカンビッグサイズです。ところどころに発生する珍妙な翻訳も手伝って、楽しませていただきました。

私は世界各国で利用できる通販サイトiHerbで購入しましたが、製品情報の内容は「マッスルファーム」公式サイトとほぼ同じようです。

5種類のプロテインをミックスして筋肉増強効果を高めるというコンセプトもわかりやすく、非常に参考になりました。

公式サイトでは味や使用感に関する高評価のクチコミが多く、日本の製品では見かけないチョコレートピーナッツバターフレーバーがどのような味が、とても楽しみになりました。

ただ、原材料をみると人工甘味料や添加物の多さがとても気になりましたね。

私は人工的な味があまり得意ではなく、さらには添加物による肌荒れしてしまう性質なので、自分にの体に合うのか否か不安になりました。

手元に届いた製品は、とにかく大きい!そして大味なデザインがアメリカっぽい!と、純和風な自室のイメージとのギャップが面白かったです。

海外製品はなんだか得体が知れない気がして苦手なのですが、ここまでインパクトがあると怖いもの見たさで飲むのが楽しみになりました。

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバターを使ってみた。味は美味しい?まずい?


「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」は、トレーニング後30分以内に、水または砂糖不使用のアーモンドミルクに混ぜて使用しました。

ボトルを開封すると、お菓子のスニッカーズを彷彿とさせるチョコレートピーナッツバターの濃厚な香りが広がりました。アメリカの輸入お菓子を思い出しました、これは絶対に甘いです。匂いを嗅いでいるだけで歯が痛くなりそうでした(笑)

付属スプーンは粉末に埋もれていて、1杯で35gスクープできる特大サイズです。使用方法は、冷水や低脂肪乳180~360mlに、付属スプーン1杯を投入し、混ぜるようにとあります。

最初は味を確かめるため、水に混ぜて使用することにしました。シェイカーに水を入れて、付属スプーン1杯分の製品を投入、蓋をして30秒シェイクすると、ある程度は溶けたようですがまだ細かいダマが見られたので追加で30秒シェイクすることに。

合計1分シェイクして蓋を開けてみると、泡立ちも控えめで、滑らかに仕上がっているように見えました。早速飲んでみると、身震いするほどめちゃくちゃ甘い!

チョコレートの風味はなんとか感じられますが、ピーナッツバターの風味がは全くわからないほどに主張する甘味料…それだけ甘いのに後味は苦いという不気味さ。

イメージでしかありませんがとても体に悪そうな飲み心地で、サプリメントというよりこれはもはやジャンクフードです。

粉どけは比較的よく、ダマも極小のものが数粒しか残らなかったのがせめてもの救いです。

海外の方は本当にこれを美味しいと思って飲んでいるのでしょうか…!?少なくとも日本人の味覚には合わないと思いました。

想像を絶する甘さで、海外製品への苦手意識が強化されました。

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバターは効果がある?


「コンバットプロテインパウダー」は3日間使用しましたが、おでこに小さな白いブツブツ(はいりゅうしゅ)が頻発したので使用を中止しました。

また、5種類のプロテインがミックスされているので乳糖不耐症によるお腹の不調も起こりにくいのではと期待していましたが、「コンバットプロテインパウダー」を使用している間中ずっとお腹がゴロゴロしてしまいました。

私の体質には合わなかったようで、筋肉増強や運動効率の向上などの効果も感じられませんでした。

ホエイプロテインを使用するのであれば、純粋なWPIホエイプロテインで、なおかつ人工甘味料の使用も最低限の国産の製品にするべきだと痛感しました。

「コンバットプロテインパウダー」が仮に良いものだったとしても、海外の方と日本人では体質も違いますし、無理に輸入してまで使用する必要もないなというのが正直なところです。

「コンバットプロテインパウダー」の理不尽なまでの甘さと、人工甘味料や添加物によるものと思われる肌荒れ、お腹のゴロゴロは辛いものがありましたので、今後継続することはありません。

コンバット(COMBAT)プロテインパウダー チョコレートピーナッツバターは購入する価値がある?

「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」は3日間使い続けました。4ポンド(1814g)の製品を購入しましたので、総額の費用は5,625円です。

短期間の使用であることと、私の体質には合わなかったこともあり、「コンバットプロテインパウダー チョコレートピーナッツバター」を使用したことによる体重やスタイルの変化は感じられていません。

海外輸入の食品だから一括りにするのは語弊があるかもしれませんが、人工甘味料を多用した驚異的な甘さと、それによる肌荒れが気になり、継続使用することができず残念でした。

WPIホエイプロテインなど5種類のプロテインがミックスされていることで、乳糖が原因と思われるお腹の不調も回避できるのではと考えましたが、結果的にお腹を壊してしまったので乳糖不耐症の方は注意されたほうが良いかと思います。

筋肉増強や運動効率の向上に良い成分は多く含まれていますので、超絶甘党を自負するトレーニーであれば、ご満足いただけるかもしれませんね。

-プロテイン

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5