プロテイン 完全栄養食

プロテイン・完全栄養食のバランサーバナナ風味を使ってみた体験談!味はまずいのか?料金、効果について解説

プロテイン・完全栄養食のバランサーの料金と栄養成分、原材料について

・製品名:バランサー バナナ風味
・成分:
【原材料】大豆タンパク(アメリカ製造)※遺伝子組換えでない、ポリデキストロース、亜鉛含有酵母、マンガン含有酵母、銅含有酵母、セレン含有酵母、モリブデン含有酵母、ヨウ素含有酵母、クロム含有酵母/貝カルシウム、植物レシチン、香料、ビタミンC、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、ピロリン酸第二鉄、ナイアシン、抽出ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビオチン、ビタミンD、ビタミンB12/(一部に大豆を含む)
【栄養成分】(1食17gあたり)
エネルギー 57.6kcal
タンパク質 10.1g
脂質 0.7g
炭水化物 4.7g
-糖質 0.9g
-食物繊維 3.9g
食塩相当量 0.19g
亜鉛 8.8g
カルシウム 228g
鉄 6.8g
銅 0.9g
ビオチン 50μg
クロム 10μg
セレン 28μg
マンガン 3.8mg
モリブデン 25μg
ヨウ素 132μg
ナイアシン 13mg
パントテン酸 4.8mg
ビタミンA 770μg
ビタミンB1 1.2mg
ビタミンB2 1.4mg
ビタミンB6 1.3mg
ビタミンB12 2.4μg
ビタミンC 100mg
ビタミンD 5.5μg
ビタミンE 6.3mg
葉酸 240μg

今回私が使用したのはIDEA STOREの「バランサー バナナ風味」です。

「バランサー バナナ風味」は、1日に必要な20種類の栄養素をヘルシーかつ簡単に摂取できる栄養食です。普段の食事にプラスするだけでバランス良く必要な栄養素を摂取できるので、
毎日忙しくてコンビニ弁当や外食でつい偏食してしまう
食事やサプリメントだけで1日に必要な栄養素を補うのは難しい
食欲がないけど栄養補給したい
という方に特におすすめです。

気になる糖質や脂質は2g以下に抑えられていて、カロリーは1食分たったの57.6kcalなのでダイエット中の置き換え食にもぴったりです。

料金は1袋510gで5,184円(税込)、約30食分(約1ヶ月分)です。味は甘さ控えめで爽やかなバナナ風味です。

プロテイン・完全栄養食のバランサーを使おうと思ったか?

私はダイエット中で、適度なトレーニングを交えつつ健康的な美ボディを目指しているのですが、そこまでストイックな性格ではありません。

ダイエット開始当時はレコーディングダイエット式に、摂取カロリーが1日の消費カロリーを下回ってさえいれば痩せるだろう、といい加減な食事管理をしていましたので、栄養バランスは偏りまくりでした。

確かに体重は減るけど抜け毛はすごいし肌荒れはするしで全く綺麗ではありませんでしたね。

かといって栄養バランスを考えて食事を用意するのは面倒でしたので、手っ取り早く必要な栄養素を補給してなおかつダイエットにも良さそうなものを探した結果、栄養食置き換えダイエットに行きつきました。

それからタマチャンショップの「みらいの完全栄養食」とuFitの「uFit完全栄養食」を試して、どちらも期待通りの効果が得られて気に入りましたが、難点はコストが嵩むことでした。

「みらいの完全栄養食」は1食390円、「uFit完全栄養食」は1食366円。1食置き換えで使用するのでランチ代と思えば安いのかもしれませんが、毎日続けるものだからこそできるだけコストを抑えたい。

その点「バランサー」は、1袋510gで5,184円(税込)、約30食分ですので1食172.8円と比較的低コストです。
ダイエットなどに特化した栄養成分の差は確かにありますが、1日に必要な基本的な栄養素と言う点では「バランサー」も見劣りしないように見えましたので、一度試してみることにしました。

プレーン、バナナ風味、ストロベリー風味、ミルクティー風味、チョコレート風味の5種類のフレーバーが用意されていて、今回はバナナ風味をチョイスしました。

タマチャンショップの「タンパクオトメ」というプロテインの「すこやか朝バナナ味」を牛乳やアーモンドミルクで割るととてもおいしかったので、「バランサー」でもバナナ風味なら間違い無いだろうと思いました。

プロテイン・完全栄養食のバランサー購入時~製品到着までの心境


「バランサー」を販売するIDEA STOREの公式サイトは、今時のお洒落なデザインではありませんが欲しい情報へのアクセスがし易くて好感が持てました。

トップページの好きに食べても健康にというキャッチコピーからゆるさが感じられて、私でも続けられるかもと親しみが湧きます。

いつもの食事に「バランサー」一杯をプラスするだけでOK!と言うコンセプトがいいですね。

アレンジレシピ(https://www.multi-balancer.com/recipe.html)も、他の栄養食やプロテインでも応用できそうで面白く読めました。

製品情報も無駄な情報や過度な宣伝がなく、製品の価格や簡単な説明、栄養成分表、原材料、使用方法、注意書きが書かれているのみで非常にわかりやすかったです。

「バランサー」に期待している点が、低コストで1日に必要な栄養素を手軽に摂取できると言う点なので、内容に対して1袋510gで5,184円(税込)約30食分というコストは好ましく思いました。

製品の安全性にこだわって、「食品分析」「放射能検査」「残留農薬検査」を実施されているという点も安心感があります。

懸念点は、人工甘味料のアステルパームを使用している点と、amazonのクチコミを見ていると味や飲みやすさについて否定的な意見が多かったのが気になりました。

「バランサー」が届いて実物のパッケージを見た時は、ちょっと安っぽいな…と思いました。

「みらいの完全栄養食」や「uFit完全栄養食」はちょっと高級な食品セレクトショップでおしゃれに陳列されていそうな雰囲気ですが、「バランサー」は庶民的なスーパーやドラッグストアで山積みされていそうな雰囲気です。

価格帯、製品の手軽で親しみやすいイメージなどを考えると致し方ないとは思いますが、ちょっと気分は上がりにくいですね(笑)

公式ショップで購入し、製品到着時に一緒に同封されていたのは「バランサー」の製品紹介と定期購入の案内、IDEA STORE公式LINEの案内とお買い上げ明細のみという簡素さは良かったです。

プロテイン・完全栄養食のバランサーを使ってみた味は?まずい、美味しい?人工甘味料について


私はダイエット中ですので、朝食置き換えに使用することにしました。パッケージを開封すると、微かにバナナの香料が香りますが、かなり控えめです。

粉は結構荒めで、粒状の粉の塊も見られます。付属のスプーンは乾燥剤と共に製品内に埋まっていました。

使用するにあたって、まずは味を確かめるために1回目は水で、2回目以降はアーモンドミルクで割ることにしました。
作り方は、シェイカーに先に水分200mlを入れて、「バランサー」は後入れ方式で。

「バランサー」の使用量は1食17gで、付属のスプーンすり切り2杯分です。粉が結構残るとクチコミで見かけたので、1分間かけてしっかりシェイクすることにしました。

まず水で割ったものを飲んだ感想ですが、バナナの風味は感じますが甘味がかなり抑えられていて、大豆の味が強く感じられました。

アーモンドミルクで割った場合は大豆くささが中和されて飲み易くなりましたが、やはり大豆の印象が強く、バナナの風味は薄いです。

好みにもよりますが、個人的に水割りは大豆の主張が強くて飲みにくく感じましたので、やはり牛乳やアーモンドミルクなどで割って飲むことをおすすめします。

飲み心地は、水、アーモンドミルク共に泡立つほどしっかりシェイクしたにも関わらずかなり粉っぽさが残っていて、舌で触ると崩れる粒状の粉の塊もありました。

公式のamazonカスタマーQ&Aの回答曰く、白い粒につきましては若干他の成分より水に溶けにくいカルシウムなどのミネラル類になります。全く問題ありませんのでご安心ください。とのことですが、飲んでいると結構気になります。

私は一度溶け残りの粉の塊が喉に引っかかってむせてしまいました。

「バランサー」は、バナナの風味は香料感が強くて風味も薄く、粉っぽくて飲みにくい印象でした。まずいわけではないのですが、美味しいわけでもなく・・

「みらいの栄養食」も大豆の味が強く粉っぽさもあって独特の風味と飲み心地ですが、「バランサー」と比較すると自然な素材の風味となめらかさがあって、やはり高い製品は高いだけの価値があるのだなと見直しました。

「バランサー」は低コスト・高栄養なので継続使用にぴったり!と思っていましたが、パッとしない味と飲み心地に、率先して「バランサー」がいいとは言えない心境になってしまいました。

プロテイン・完全栄養食のバランサーの効果について


「バランサー」を一週間ほど毎朝使用したところ、お腹がゆるい状態が続くようになってきたので、「みらいの完全栄養食」に戻しました。

また、私だけかもしれませんが「バランサー」を飲んで2時間ほどの間、お腹の中で何かが発泡しているような感覚があり、膨満感が続くのが気になりました。

長期間継続しなければわからないものではありますが、この一週間「バランサー」を使用した結果体型に変化はなく、肌の調子は「みらいの完全栄養食」を使用していた時の方が良かったように思います。

栄養食で私がこれまでに試した「uFit完全栄養食」「みらいの完全栄養食」と、今回使用した「バランサー」を比較してみますと、

「uFit完全栄養食」は熱量198kcal、炭水化物26gですので、単純にダイエットを目的として見れば低カロリー・低糖質な「バランサー」の方が一見適しているようにも見えます。
「みらいの完全栄養食」はダイエットを目的として作られており、熱量55.98kcal、たんぱく質8.89g、脂質0.27g、炭水化物5.18gですので、
「バランサー」の熱量57.6kcal、タンパク質10.1g、脂質0.7g、炭水化物4.7gと近しいものがあります。

6大栄養素の数値を比較するとそれぞれに多少の差はありますが、「uFit完全栄養食」「みらいの完全栄養食」はMCTオイル、乳酸菌やそれ以外にも、体質から整えてダイエットの効率を高めたり、美容に優れた成分が含まれていて、ダイエット中の私には魅力的です。

また、味や飲みやすさに関しても「uFit完全栄養食」「みらいの完全栄養食」の方が断然飲みやすく美味しく感じられます。

「バランサー」は完全な置き換え食を推奨しているのではなく、栄養が偏った食事に「バランサー」をプラスするだけで、栄養管理ができるというのが本来の使用方法です。

ダイエットや美容が主目的の製品ではないので、先に挙げた完全栄養食と比較するのはナンセンスかと最終的に思いました。

1日に必要な20の栄養素は十分に含まれているので、低コストで気負わずに毎日手軽に栄養補給できるのが「バランサー」の利点だと感じます。

プロテイン・完全栄養食のバランサーは使う価値がある?

「バランサー バナナ風味」は、1週間使い続けました。1袋510gで5,184円(税込)を1袋購入しましたので、総額5,184円です。

朝の置き換え食を「みらいの完全栄養食」から「バランサー」に切り替えてたところ、体重に変わりはありませんが、多少お腹に不調を感じ、顔には久しぶりの吹き出物が出ました。
その他の食生活は変えなかったので、「バランサー」は私には体質的に合わなかったかもしれません。

そんな状態なので、「バランサー」にはあまりいい印象を持てませんでした。

人工甘味料を使っている点や、味や飲み心地にも不満が残るので、そういった点を改善してほしいですが、この価格なら致し方ないのでしょうか。

低コストで栄養管理できる点は魅力的でしたが、やはり毎日使うものだからこそ、コストが嵩んでも成分に納得ができて身体が喜ぶものに戻したいです。

「バランサー」は置き換え食のようにストイックにならずに、日々の食事に栄養食をプラスして栄養バランスを整えたい方、とにかくコストを抑えたい方におすすめです。

素材にこだわる方、美容やダイエットを目的とする人は他に良い選択肢がありますのでそちらをご検討いただければと思います。

-プロテイン, 完全栄養食

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5