プロテイン

ANOMA(アノマ)ピープロテイン抹茶味を使ってみた!口コミとの比較、味、料金、成分、効果、評価について解説

ANOMA(アノマ)ピープロテイン抹茶味の料金と栄養成分、原材料について

・製品名:ANOMAプロテイン 抹茶 600g
・成分:
【原材料】えんどう豆たんぱく、ココアパウダー、玄米たんぱく、中鎖脂肪酸粉末(MCTオイル)、デキストリン、香料、ロイシン、甘味料(ステビア)、バリン、イソロイシン、加工でん粉
【栄養成分】エネルギー/119.4kcal、たんぱく質/20.4g、脂質/2.9g、BCAA/4,230mg、アルギニン/1,629mg

今回私が使用したのは「ANOMAプロテイン 抹茶」です。

えんどう豆たんぱく、ココアパウダー、玄米たんぱく、中鎖脂肪酸粉末(MCTオイル)、デキストリン、香料、ロイシン、甘味料(ステビア)、バリン、イソロイシン、加工でん粉といった原材料で作られています。
1食分30gにたんぱく質20.4g、BCAAとアルギニン含有でカロリーは119.4kcal。

人体に悪影響のある人工甘味料、ラクトース、グルテン、アレルゲンといった原材料を徹底的に排除し、製造過程において地球環境に負担をかけない植物性たんぱく質で作られた「ANOMAプロテイン 抹茶」は、トレーニング効果を高めながら健康や環境にも配慮する最高品質のプロテインです。

たんぱく質の成分や効能を熟知した元アスリート達が実体験を元に開発した「ANOMAプロテイン 抹茶」は、カラダ作りに欠かせないたんぱく質が1食分30gに20.4g、運動パフォーマンスの向上や健康維持に欠かせないBCAAとアルギニンが高配合されてカロリーは119.4kcal。

プロフェッショナルなアスリートのトレーニングサポートはもちろん、フィジカル管理を徹底するビジネスパーソンや健康志向の方の栄養食にもおすすめです。

また、乳製品由来ではなく、地球環境に配慮した製造方法を採用しているため、ヴィーガンの方のご使用にも適しています。

価格は600g5,800円(税込)。1食30gの為20食分です。人工甘味料や砂糖は不使用、本物の宇治抹茶を使用した自然な甘さと芳醇な香りが魅力の抹茶味です。

ちなみに抹茶以外にもチョコレート味とコーヒー味があります。

ANOMA(アノマ)ピープロテインを選んだ理由


私は2年ほど、ダイエットのために筋トレや有酸素運動を週4程度のペースでゆるく行ってきました。美しく痩せるために筋肉をつけたいので、トレーニング後のプロテインは必須です。

ホエイ・ソイ問わず、美容効果のあるものなど様々なプロテインを試しましたが、乳製品由来の製品ではお腹がゆるくなったり、人工甘味料など添加物を使用しているものでは肌荒れを起こすことが最近わかってきました。

素材の安全性が確かなプロテインについて調べていたところ、ミュージシャンの西川貴教さんが「ANOMAプロテイン」をおすすめされているSNSの投稿を見て、西川さんのファンである私はこちらが決め手となり一も二もなく「ANOMAプロテイン 抹茶」を購入するに至りました(笑)

西川さんのあのマッスルボディを見たら製品の品質の高さや効果について、説得力しかないですよね。

食生活にとても気を遣われている様子をテレビなどでも拝見していたので、そんな西川さんが使用されているの製品であれば安心だと思いました。

個人的に抹茶味が好きなので、本物の宇治抹茶を使用している点も魅力でした。

ANOMA(アノマ)ピープロテイン購入時~製品到着までの心境


ANOMAの公式サイトはトップページからプロのアスリートの写真が多数掲載されていて、プロフェッショナル感が溢れてます。

ちょっとダイエットで、とか、美容目的で、なんてぬるい意気込みでは気圧されそうなパワーがありますね。製品情報ページはいたってシンプルな作りで、それが高級感に繋がっています。

最近はビタミンやミネラルなどの栄養素の紹介がやたらと長い製品が多いですが、「ANOMAプロテイン」はアスリートに必要な情報だけをピンポイントで紹介する潔さが気持ちよく、製品への自信を感じました。

植物性タンパク質の生成は、動物性タンパク質の生成より水や土地の使用量が少なく、地球環境に良好であるという理由から植物性たんぱく質を使用するに至ったという経緯も面白いです。

値段は600g5,800円。1食30g使用で20食分ですので1食290円、プロテインでこのお値段はなかなか高級品です。飲むからには本気でトレーニングしなければいけませんね。

必須アミノ酸BCAAやアルギニンが飛び抜けて高配合な上、代謝スピードを向上させるMCTオイルも配合されているので、筋肉増強、疲労回復などお値段相応の効果を期待しました。

西川さん愛用の品なので品質に不安はなく、ピープロテインや玄米プロテインは初めてなので味や飲み心地がどのようなものか多少気になった程度です。

製品が到着して開封してみると、マットな質感の黒とグリーンのパッケージが高級感があり、格好良くて興奮しました。

ANOMA(アノマ)ピープロテインを使ってみた。味は美味しい?まずい?おすすめの飲み方について


筋トレと有酸素運動後30分以内に、初回は水で、2回目以降は砂糖不使用アーモンドミルクで割って使用しました。

芳醇な抹茶の香りを期待して製品を開封してみると、抹茶の香りは控えめで色も薄く、粉質はしっとりずっしり。

使用量は、有酸素運動(ランニング・ヨガ)をする方は1食15g、筋力トレーニングなどをする方は30g(付属のスプーンすりきり2杯半)を目安とするよう指定されています。

私は製品約30gを使用することにし、水の場合は味を濃くしたかったので200mlで、アーモンドミルクの場合は250mlで割りました。

作る手順は、まずシェイカーに水分を入れ、「ANOMAプロテイン 抹茶」を後入れします。100回くらいシェイクしても粉っぽいとのクチコミを拝見したので、1分間ほど気合を入れてシェイクすると、外観上は粉の溶け残りは見られなくなりました。

粉末の時は茶色に近い緑色でしたが、水に溶けると鮮やかな抹茶色になってとても綺麗です。

まず水200mlで飲んだ感想は、ほとんど甘さがなく抹茶の風味のみで、例えるなら上品な薄味のお抹茶をいただいているようでした。エンドウ豆(ピープロテイン)と思われる風味が強く、舌触りも粉っぽさが残りザラザラとしますが、ダマにならず粒子が細かいのでそこまで不快ではありません。

アーモンドミルクで割れば程よく甘さがプラスされて、上品な抹茶ラテ味となり美味しくいただけました。この癖のない甘さ控えめな味が飽きずに続けられそうで、お好きな方も多いのではないでしょうか。

植物性プロテインというと、ソイプロテインなどにみられる大豆臭が苦手だったのですが、ピープロテインと玄米プロテインの独自比率配合の「ANOMAプロテイン 抹茶」は、確かに豆っぽさはあるものの青臭さはなく香ばしく感じられ、水でも美味しくいただけたのが驚きでした。

品質や成分重視で味はそこまで期待していなかったのですが、プロテインなのに上品で高級感があり、お値段だけのことはあるなぁと感心しました。

アノマプロテインは水で飲んでも美味しいですが、個人的にはアーモンドミルクで割って、抹茶ラテで飲むと美味しくておすすめです。

ANOMA(アノマ)ピープロテインの効果。口コミとの比較について


「ANOMAプロテイン 抹茶」の高級感やプロフェッショナルぶりに煽られて、私は単純なのでいつもより気合を入れてトレーニングするようになった気がします(笑)

と冗談のようなことを申しましたが、普段より高負荷のトレーニングを行っても、「ANOMAプロテイン 抹茶」をトレーニング後に飲むと翌日の疲労度や筋肉痛が軽減されているように思います。

私は「ANOMAプロテイン 抹茶」でピープロテインの存在を知ったのですが、他のピープロテイン製品と比べると、お値段が倍ほど違うのですね…!

パルサン「ピープロテインパウダー」やマイプロテイン「ピープロテイン アイソレート」などと比較してみましたが、後者に至っては2.5kgで4,790円でした。

使用方法もポタージュやスープなどと混ぜて飲むのがおすすめとあり、トレーニーやアスリートに向けた製品というよりも美容目的の使用を推奨されているようでした。

ピープロテインはヴィーガンの方に注目されていることが多いので、栄養補助的な製品が多いのかもしれませんね。

「ANOMAプロテイン」はたんぱく質の性能や効能を熟知した元アスリート達が、人間にも地球にも優しく、妥協せず自分達が心から納得のいくプロテインを作る!という想いで開発されているので、BCAA4230mg、アルギニン1629mg、MCTオイルの配合など、成分内容が他のピープロテインとは一線を画しています。

トレーニングに特化したプロテインは他にもありますが、人工甘味料、ラクトース、グルテン、アレルゲン、これらが全てフリーという健康志向の製品は稀だと思われます。

「ANOMAプロテイン 抹茶」の品質や味に満足しておりとても良いものだと感じていますが、私はマッスルボディを極めたいわけではないので、この価格の製品を継続するかと言われると少し悩んでしまいますね。

美容成分などが含まれているプロテインも魅力的なので、「ANOMAプロテイン 抹茶」をトレーニング後、美容成分配合のプロテインを就寝前に使用するなど使い分けるのであればありかもしれません。

私以外の口コミや評価を見てみたのですが、基本は美味しいと思う人が多いようです。

ANOMA(アノマ)ピープロテインは購入する価値がある?

現在3日程トレーニング後に使用し、1袋購入のため費用は5,800円(税込)です。

「ANOMAプロテイン 抹茶」を使用して、今のところ体型に大きな変化は感じられませんが、トレーニング翌日の疲労度や筋肉痛が軽減されていて、効果を実感しています。

今回「ANOMAプロテイン 抹茶」でピープロテインを初めて使用しましたが、乳製品由来の製品や大豆プロテインに比べて、お腹へのダメージが少ないようにも思います。

抹茶味も上品で美味しく、余計な香料や添加物が加えられていない、身体に優しいものを飲んでいる感覚があって、とても気に入っています。

やはりネックになるのは1食分290円というお値段でしょうか。

ですが製品の品質が素晴らしいことは承知しているので、トレーニングの本気度によって他の製品と使い分けたいところです。

「ANOMAプロテイン 抹茶」は、原材料や産地にこだわり人間にも地球にも優しいプロテインを使用したい方、高みを目指すアスリートやトレーニーの皆様、ヴィーガンの方におすすめです。

単純にダイエットを目的としている方や、美容成分入りの置き換え食としてプロテインを使用したい方にはあまり向かないかもしれませんね。

-プロテイン

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5