未分類

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」を使ってみた!人用・人間用の味、料金、成分、効果について解説

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」の料金と栄養成分、原材料について

【原材料】
山羊乳
【栄養成分】
エネルギー 42.7kcal、タンパク質 4.32g、脂質 0.18g、炭水化物 5.94g、食塩相当量 0.09g、ビタミンA 2.77μg、ビタミンB1 0.036mg、ビタミンB2 0.12mg、ビタミンB6 0.048mg、ビタミンB12 0.084μg、ビタミンC 0.6mg、ビタミンD 0.003μg、ビタミンE 0.036mg、ナイアシン 0.36mg、パントテン酸 0.36mg、葉酸 0.48μg、カルシウム 156mg、リン 120mg、鉄 0.024mg、カリウム 240mg、マグネシウム 18mg、銅 12μg、亜鉛 0.48mg

今回使用したのは「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」です。「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は、山羊の乳のみを使用して作られた無添加・無着色の粉ミルクです。

ヤギミルクは乳アレルギーの原因となる成分が少なく、母乳に近い成分なので乳幼児のミルクとして使用できるほど安全性が高いと言われています。

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」の主な栄養成分はエネルギー 42.7kcal、タンパク質 4.32g、脂質 0.18g、炭水化物 5.94gで、牛乳と同様にカルシウムなどの栄養も豊富に含まれています。

また、カルシウムの吸収を促進させるカゼインが多く含まれるため、効率よく栄養補給を行えます。いつもの食事や飲み物に混ぜるだけで簡単に使用できるので、忙しい大人にこそおすすめですね。

ヤギミルクはミルクでありながら乳糖が少ないので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまうという方も試す価値ありです。

お値段は1袋120g入りで1,800円で、1回の推奨使用量は12gですので10回分です。

山羊乳の脱脂粉乳のみで作られているため甘さはなく、ヤギミルク本来の味を楽しむことができます。

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」を選んだ理由。数少ない人用ヤギミルクだった


私は乳糖不耐症で、牛乳をそのまま飲むとお腹がゴロゴロしてしまうことに悩んでいました。飲み物に少量加えたり、シチューなどの料理に使用する分には影響が少ないのでたまに牛乳を購入するのですが、積極的に飲まないので使いきれなくて困ってしまうんですよね。

こんな時、粉ミルクやスキムミルクであれば使いたい時に水に溶かせば良く、日持ちもするので料理用に常備するようになりました。

主に使用しているのは森永乳業の「森永スキムミルク」です。原材料は脱脂粉乳のみとシンプルで、しっかりと牛乳の味がして低脂肪なところが気に入っています。

それでもコンディションが悪いとお腹がゴロつくので、乳糖が少ない粉ミルクはないものか?と調べたところ、ヤギミルクにいきつきました。

牛乳ではないので牛乳アレルギーやアトピーの方でも飲めるかもしれません。

ヤギミルクは消化吸収がよく乳糖不耐症でも使用できる可能性が高いとのことで、さらに牛乳よりも栄養価が高いという点も魅力的でしたね。

ですが「ヤギミルク 粉」で検索すると犬猫用の製品がほとんどで笑ってしまいました。確かに、私も以前子猫を育てるときにヤギミルクを使用したことがあります。

今回使用した「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は数少ない人間用として販売されている粉のヤギミルクで、他に選択肢が見当たらなかったのでこちらにしました。

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」購入時~製品到着までの心境

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は株式会社ミルク本舗が製造しています。

公式サイト(https://www.milkhompo.com/index.html)を見てみると、可愛いワンちゃんのお写真が!犬猫用のヤギミルクをメインで製造販売されている会社のようです。

ちなみにこの公式サイト内に「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」の製品情報ページへのリンクはありませんでした。

株式会社ミルク本舗の製品はオランダ産ヤギミルクを使用されているそうで、ヤギミルク特有の臭みがないのが特徴とのこと。

犬猫用の製品情報ページには、「人用としてもご飲食いただけます」とあったので、製品のクオリティに違いがないということに驚きました。

ですが動物の乳児にも使用できるほど安全性が高いというのは、逆に安心なように感じました。

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」の製品情報ページ(https://milkhompo.jp/)は、アルプスの少女ハイジのイラストがとっても可愛いですね!

確かに、作中でヤギミルクが出てくるのでイメージがとっても湧きやすくて購買意欲を刺激されました。

ただ、お値段は120g入り1袋で1,800円(税込)、1回12gの使用を推奨されている為10回分となり、1食は180円です。

普段使用している牛乳由来の粉ミルクであれば175g入り1袋で約340円なので、めちゃくちゃ高いですね。大事に使わなくてはと思いました。

それでも単純にヤギミルクを飲んだことがないので、どんな味がするのかワクワクしましたね。

ヤギミルクには独特の臭みがあると聞いたことがあるので、万が一美味しくなかったらどうしよう…とも思いましたが、その場合は飼い猫の栄養補給に使用すればいいかと気にしないことにしました。

実際に手元に届いた製品は、1,800円とは思えないほど小さい!ですがパッケージデザインが可愛くて、使用するのがとても楽しみになりました。

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」を使ってみた。味は美味しい?まずい?


「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は、ひとまず味を確かめるためにお湯と水にそれぞれ溶かして飲み、その後は紅茶に加えてミルクティーにして飲みました。

パッケージを開封すると、ミルクらしいこっくりとした香りが広がってとても美味しそうに感じました。駄菓子のミルクケーキの匂いが近いですね。

ただ、鼻を思いっきり近づけるとどことなく臭みを感じるような気もしました。使用方法は、1回12gを飲み物や食べ物に混ぜて使用するようにとのこと。単体で飲む場合は製品12gに対して90mlのお湯に溶かすのがおすすめだそうです。

まず水に溶かす場合ですが、溶けにくい可能性を考慮して120mlの水をシェイカーに入れ、製品を後入れして30秒ほどシェイクしました。この場合、粉はしっかりと溶けましたがかなり泡が立ってしまいました。

味は、ミルク特有のまったりとしたコクと香りは感じられるのですが甘さは一切ありません。そして懸念していた臭みですが、しっかりと残ってしまっているように思います。

これがヤギミルク特有のものかどうかはヤギミルク自体を飲み比べたことがないのでわからないのですが、例えるなら病院で処方される顆粒タイプの風邪薬(例・PL顆粒)のような苦味が口内に残ります。

そんなに強くは感じませんが後味でしっかり主張するので、私は結構苦手でしたね。

お湯90mlで使用する場合は、製品を入れてからスプーンでしつこく混ぜましたが溶けにくく、少しダマが残りました。口に入った時に気になるほどではないので飲みにくくはありません。

温まるとより臭みが強調されるので、3口ほど頑張って飲みましたが飲み切ることができず…結局冷ましてぬるくなったものを飼い猫に差し出しました。

これは余談ですが、うちの飼い猫の好みの味ではなかったようで見向きもされませんでした。ヤギミルクだからといって全ての犬猫が気にいるわけではないようです。

普通に飲むのは厳しいので、正攻法でアールグレイの紅茶に「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」を混ぜて飲むのが一番マシでした。

お湯の量も180mlにして、ハチミツも加えてミルクティーにすれば臭みはかなり誤魔化せます、それでも後味に苦味は残りますが…。

味の濃い料理に使うのが一番良いのかもしれません。

これまで使用してきた牛乳由来の粉ミルクはどれもおいしかったので、粉のヤギミルクも美味しいに違いないと期待していたのですが、実際は飲みにくく残念でした。

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」は効果がある?


「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は、間食や、紅茶に加えてミルクティーにするなどして使用しました。

3日間連続して1回ずつ使用しましたが、乳糖不耐症の私でもお腹がゴロゴロすることはなかったので、牛乳由来の製品が合わないという方でも使用できる可能性は高いと感じました。

カゼインが含まれているなど牛乳よりも栄養が豊富な点は魅力的ですが、ヤギミルク特有のものと思われる臭みがどうしても気になりますね。

牛乳由来の粉ミルクはそのまま水に溶かして飲んでも練乳を薄めたような味で美味しく感じるのですが、「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は甘さがなく後味の苦味がとても気になります。

体に悪い感じはしないので我慢できなくもないのですが、1回当たり180円とコストも高いので、あえて「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」を日常的に使用する必要性は感じられません。

よって、続けて使用することはありません。

大人の粉ミルク「ユキちゃんのヤギミルク」は購入する価値がある?

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は、3日間続けて使用しました。120g入り1袋を購入しましたので、総額の費用は1,800円です。

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」を使用したことによる、体重やスタイルの変化は感じられていません。

ですが、乳糖不耐症の私でもお腹をゴロゴロさせることなく使用することができたので、消化トラブルを起こしにくいという効果を実感しました。

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は甘さがないので、甘さを控えたいけどミルクの風味をプラスしたい、という用途は日常でよくあるのでその点は良かったですね。

ただ、ヤギミルク特有の臭みが感じられて、飲用として使用するには辛いものがありました。

料理に加えれば気にならないとは思いますが、粉ミルクは使用したとしても少量ですし、それであれば牛乳由来の粉ミルクで十分です。

栄養補助食品として毎日使用するには栄養成分も物足りないですし、それで製品1回あたりの値段が180円というのは内容に見合っていないように思います。

「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」は、乳糖不耐症だけど粉ミルクを使いたいという方や、少しでも栄養価の高い粉ミルクを使いたいという方にはおすすめです。

ヤギミルク特有の臭みが苦手、製品単体で美味しい粉ミルクじゃないと嫌だ!という方には「大人のための粉ミルク ユキちゃんのミルク」はそもそも向かない製品ですのでお気をつけください。

-未分類

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5