プロテイン

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレートを使ってみた!体験談や味、料金、成分、効果について解説

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリーの料金と栄養成分、原材料について

【原材料名】
乳清たんぱく(外国製造)、苺パウダー/乳化剤、酸味料、香料、甘味料(スクラロース、ステビア、アセスルファムK)、(一部に乳成分・大豆を含む)
【栄養成分】付属スクープ2杯(約20g)あたり
エネルギー 75.4kcal、たんぱく質 17.28g、脂質 0.28g、炭水化物 0.98g、食塩相当量 0.082g

私が今回使用したのは「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」です。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」は、原材料であるホエイ(乳清)から独自の製法を用いて乳糖や脂肪といった不純物を取り除き、たんぱく質含有率95.4%を実現した高純度のホエイプロテインです。

原材料である生乳を搾乳する牛の飼育方法から製造過程まで管理を徹底されており、品質の高さにも定評があります。アミノ酸スコアは100。BCAAも100中に18.63gと多く含まれており、運動後の肉体疲労や筋肉痛の軽減が期待できることから、トレーニングでカラダ作りを行なっている方に特におすすめです。

低糖質・低脂質ですのでダイエット中の方にも良いですね。また、とても飲みやすく味付けされているので、美容と健康維持にたんぱく質を手軽に摂りたいという方、ジュースのように美味しいプロテインを探している方にもおすすめできます。

乳糖が90%以上取り除かれているので、乳製品を摂取するとお腹がゆるくなってしまう方でも安心して使用できるのもポイントです。

お値段は1袋1kgで6,480円(税込)、1食20gの為50食分です。今回はジュースのように美味しいと評判のストロベリーフレーバーを使用しました。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレートを選んだ理由


私は2年ほど前からダイエットを目的としたトレーニングと、簡単な食事制限を行なっています。ジムのトレーナーから、筋肉がつくと代謝が上がって痩せやすくなるので、しっかりと筋肉を作るためにプロテインを飲むようとアドバイスを受け、プロテインを使用するようになりました。

そうして初めて選んだプロテインは、日本で一番知名度が高いと思われるザバスの「ザバス ホエイプロテイン100+ビタミン リッチショコラ味」でした。粉溶けがよくとても美味しいと評判だったので選んだのですが、実際に使用してみると過度に甘さとケミカルな風味が気になりました。

なおかつ私は乳糖不耐症なので、使用後にお腹がゴロゴロしてしまうのがネックとなり、ホエイプロテインは合わないのかも…と敬遠するようになってしまいました。

それ以降植物性プロテインをメインで使用するようになったのですが、トレーニング後の肉体疲労や筋肉痛の軽減には、やはり体への吸収が早いホエイプロテインの方が良かったように感じられて、乳糖不耐症でも使用できる製品を探したところ、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」を見つけました。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」は、お腹のゴロゴロの原因となる乳糖をこだわりの製法で90%以上除去した、WPIという高純度のホエイプロテインです。

その過程で低糖質・低脂質にもなっていて、ダイエット中の使用にも適している点が決め手となりました。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート購入時~製品到着までの心境

ファイン・ラボの公式サイトは、プロテインに限らずサプリメントやトレーニング器具、ウェアなどスポーツ用品全般を取り扱われていて、ヴィジュアルイメージにやたらとこだわったチャラい感じではなく硬派なサイトデザインに好感を持ちました。

ファイン・ラボには現役のアスリートの方が多く関わられていて、紹介文を見ているだけで自分ももっと頑張らねばと刺激を受けました。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」の製品情報もおすすめポイントが最低限にまとめられていて、情報が頭に入りやすかったです。

Amazonのクチコミではマイナスのコメントが多いようでしたが、実際の製品情報をみている限り、品質や飲み心地、味へのこだわりが感じられて安心しました。

お値段は1袋1kgで6,480円(税込)、1食20gの為50食分ということは、1食あたりのお値段は129.6円です。

某有名ブランドのホエイプロテインだと1食100円以下ですが、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」はWPIという乳糖を90%以上除去した高純度のホエイプロテインです。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという乳糖不耐症の人間からすれば背に腹は変えられません。

他のWPIの製品と比較して高いということもなく、むしろ原材料にこだわった植物性プロテインなどと比べると安いくらいなので、このお値段は余裕で許容範囲だと感じました。

ホエイプロテインでもお腹がゴロゴロせずに、アミノ酸スコア100で肉体疲労や筋肉痛も軽減できて、更に低カロリーで低糖質・低脂質とくれば、まさに理想的なプロテインです。

フレーバーもストロベリー味を選択しましたが、高級アイスクリームにも使用されるフレーバーとのことで、味にも期待が高まりましたね。

ですがスクラロースやアセスルファムKといった人工甘味料が使用されているんですよね。コンディションが悪いと人工甘味料が肌荒れの原因になったりもするので、その点が心配に感じました。

届いた製品は、生乳をイメージした白のパッケージに、練乳がかけられた苺の写真のシールが貼られていて、フレッシュでとても美味しそうに感じられて、ますます飲むのが楽しみになりました。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレートを使ってみた。味は美味しい?


「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」は、トレーニング後30分以内と間食に使用しました。

まず、パッケージを開封すると濃厚ないちごミルクの香りが!昔ながらの「いちごミルクキャンディ」を彷彿とさせる甘い香りに懐かしさが込み上げてきて、甘いものが苦手な私でも食指を刺激されました。
付属のスプーンは粉末の中に沈んでいました。

製品情報にもあった絹状パウダーは、今まで使用したどのプロテインにもない不思議な触り心地で、しっとりしているのにさらさらしていて、いかにも溶けやすそうな質感です。使用方法は、付属スプーンすり切り2杯(約20g)を、約200ccの飲料に溶かすようにとあります。

私は水、または砂糖不使用のアーモンドミルクで溶かして使用してみました。まずシェイカーに飲料を入れ、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」を後入れします。

シェイカーの蓋を閉めて30秒ほどシェイクして飲んでみると、外観では見られませんでしたが極小さな溶け残りのダマ2つほど発生しました。60秒ほどしっかりシェイクすると正真正銘、溶け残りのないサラサラの液体になりました。

水で溶かした場合はいちご酸味と甘味が絶妙で、あっさりとしていて飲みやすいです。

砂糖不使用のアーモンドミルクの場合はまさに「いちごミルクキャンディ」!めちゃくちゃ美味しいです、飲み終わった後に「美味しい!」と思わず声に出てしまいました。そして甘いのに甘すぎない、この後味の良さがいいですね。

なぜこんなに美味しいのか、その秘密は高級アイスクリームにも使用されるフレーバーにあると思います。いちご味の高級アイスクリームを食べた時のあのいちごの種風のつぶつぶとした食感と酸味、それがこの「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」でも味わえるのです。

デザートそのものの味わいなのに、1食のエネルギーが75.4kcalはすごいと感動しました。

人工甘味料が入っているものは極力避けてきていたのに、それをこんなに美味しいと感じてしまうなんて、非常に悔しいです。(笑)

味をウリにしたプロテインは実際に使用してみると拍子抜けすることが多いので、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」はプロテインと思えないほど本当に美味しくて、心底驚きました。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレートは効果がある?


「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」はあまりにも美味しかったので、トレーニング後だけではなくおやつタイムにも使用しています。
低カロリーで低糖質・低脂質なので罪悪感が非常に少なく気兼ねしないのがいいですね。

1杯でとても満足感があるので、無駄な間食が省けて、良質なたんぱく質も摂取できて一石二鳥です。

トレーニング後の肉体疲労や筋肉痛の軽減についても期待通りで、高強度のトレーニングを行った翌日も回復がとても早いように感じています。ですが、お肌のコンディションには少々不安が残ります。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」を使用し始めてから赤い発疹のような吹き出物予備軍が顔のあちらこちらに…。

他にも要因はありそうですが、人工甘味料が含まれている製品を連続して使用すると起こりがちなので、使用する頻度を落とすなど工夫が必要だと感じています。

以前使用した某有名メーカーのWPIではないホエイプロテインでは、使用後てきめんにお腹がゴロゴロしていたのですが、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」は乳糖を90%以上除去したWPIなだけあってそういったこともなく安心して使用できます。

甘いものが苦手な私でも美味しく飲めるストロベリーフレーバーがとても気に入っているのですが、人工甘味料が使用されている点がやはり残念ですね。

ヘビーに使用するのは少し躊躇われるので、「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート」の継続は一旦保留して、他のWPIホエイプロテインも試してみたいと思います。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレートは購入する価値がある?

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」は1週間使い続けました。1袋購入しましたので、総額の費用は製品代6,480円と送料660円で7,140円です。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」を使用して体重やスタイルなどに変化は感じられていません。

ですが低カロリーで低糖質・低脂質、高たんぱく質でアミノ酸スコア100と、カラダ作りに励むトレーニーに最適なプロテインですので、長期的に使用すれば筋肉肥大や減量なども期待できると思います。

「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」は乳糖を90%以上除去したWPIホエイプロテインですので、お腹の不調を感じることもなく使用でき、期待通りでした。

また、甘いものが苦手な私ですが、めずらしくこの高級アイスクリームのようないちごミルク味が美味しくて、気に入りました。粉どけも良くて飲みやすいので、デザートジュースのように飲むことができます。

その反面、人工甘味料が使用されていて、長期使用による体への悪影響への懸念が払拭できず非常に残念です。美味しさの代償かもしれませんが、この点が改善されればぜひ継続して使用したいと思えます。

以上のことから「ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー」は、トレーニングでカラダ作りを行なっている方や、ダイエット中の方、ジュースのように美味しいプロテインをお探しの方、そして乳製品でお腹がゴロゴロしてしまいがちな方におすすめのホエイプロテインです。

製造過程から厳重に管理されていて品質も良いとは思いますが、人工甘味料が使用されているので、気になる方はお気をつけください。

-プロテイン

© 2022 アレコレ-気になる製品使って見た結果を発信するサイト Powered by AFFINGER5